『人を助けるとはどういうことか』 読了 

2009, 09. 26 (Sat) 10:59

人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則
(2009/08/08)
エドガー・H・シャイン

商品詳細を見る


シャイン教授に金井さんの翻訳・・・連休中に読みたかった一冊。
普段ビジネス書系はポイントを絞って救うように読むのですが、この本はほぼ全体をじっくり読みました。
勝間さんの「2000円を超える本に当たりが多い」に納得。

この本はタイトル(原題「Helping -How toOffer, Give, and Receive Help」)にもある通り、私たちの生活で欠かせない「協力関係」において、その関係性、支援者の役割とすべきことおよびその順序を正しく認識し行動することがいかに大切か、また、支援モデルを理解・活用することでチームワークや組織の活性化が容易になることなどが述べられています。

HBRB的に堅苦しい本(少なくとも自分にとって)だったらきっと読み切れないからやめようと思ったのですが、前書きにもある通り、本書はエッセイに近いスタイルで書かれており、シャイン教授の考え方のベースにある「経済と演劇」や「プロセスコンサルテーション」の実例がわかりやすく書かれています。

例えば(以下本文より引用)


 ある日、私は車を運転していた女性から自宅の外でこう尋ねられた。「マサチューセッツ通りはどちらですか」。目的地はどこなのかと尋ねたところ、彼女がボストンのダウンタウンを目指していることがわかった。そこで私は、あなたが走っている道はダウンタウンにまっすぐ通じているので、マサチューセッツ通りに向かう必要はないですよ、と指摘した。女性は何度も礼を述べた。自分が尋ねた道に行かされなくてすんだからだった。


似たような経験をされたことはないでしょうか。

今回心に残ったのは以下のことでした。

・支援関係はそもそも不公平な関係である。支援を受けたい人は「ワン・ダウン(一段位置を下げる)」、支援する人は「ワン・アップ(一段位置が上がる)」状態になる。けれども成功する支援と言うのは早い段階でこの支援を公平な関係に感じられるようにすること。そのためにも相手の面目を保つ。
・支援には3つの役割がある:専門家、医師、プロセス・コンサルタント
・支援ははじめはプロセス・コンサルタントから入るのがよい。そして控えめな、けれども率直な投げかけから始めること。


まだ他にもあるのですが、拾い出していくと本の大半を書くことになりそうなので(笑)、この程度にしておきます。

最後の方には投げかけ例として具体的な質問文なども書かれており、すぐに実践に役立てられそうです。
繰り返し読んで、少しずつ自分のものにしていきたいと思いました。

気軽にパラパラ読み流す、よりは少々骨太と思いますが、ビジネスの現場でリーダー・コンサルを務める方だけでなく、周囲とより良い関係を築いていきたいと思う方にもお勧めの一冊です。
関連記事

コメント

白うさぎ

Helping!

こんにちは。

先日は、とても楽しかったです。
有難うございます。

タイトルも表紙(ジグソーパズルのピース!)も、
とてもセンスがよくて素敵です~。
そして、ご紹介して頂いた内容も、とても納得です。
早速、本屋さんで見てみますネ。

2009/09/28 (Mon) 21:00 | 白うさぎ | 編集 | 返信

みちる

こんばんは。

こんばんは~。
ブログを拝読して面白そうだな~と思ったので、
私も今日買ってみました。
役に立ちそうですし楽しみです。

2009/09/28 (Mon) 22:47 | みちる | 編集 | 返信

豆太

白うさぎさん!

白うさぎさん、こんにちは!
こちらこそ、先日はありがとうございました!

>タイトルも表紙(ジグソーパズルのピース!)も、
>とてもセンスがよくて素敵です~。

そうなんですよ~。最初に手に取るかどうかはまず表紙のインパクトで決まりますからね。タイトル、帯の内容やバランス含めて、装丁って大切だなと思います。

今回は深く考えずに、「おっ」と思って手に取ったら「シャイン先生の本だ~!」と気づき、目次と気になるところをパラパラっとみて速攻レジに行きました(笑)
もし白うさぎさんもチェックされたら、印象などお聞かせ下さいね!
あ、白うさぎさんには原書の方が向いていらっしゃるかもしれませんね^^

2009/10/03 (Sat) 06:55 | 豆太 | 編集 | 返信

豆太

みちるさん、

みちるさん、こんにちは!
コメントが遅くなってしまいごめんなさい。

>ブログを拝読して面白そうだな~と思ったので、
私も今日買ってみました。

おぉ、本当ですか!みちるさんのお眼鏡にかないそうな本をご紹介できたとは、ブロガー冥利につきます^^
日ごろ自分はみなさまから何かを"take"するばかりなので、"share"できる話題を提供できて良かったです。

自分は読んでいる途中でも、実生活のこの場面に当てはまりそう・・・など思うことがありました。
もし参考になる部分があれば嬉しいです♪
(私が書いたわけではないのですけどね 笑)

2009/10/03 (Sat) 06:56 | 豆太 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント