人生を好転させる「新・陽転思考」 

2009, 09. 02 (Wed) 23:56

人生を好転させる「新・陽転思考」人生を好転させる「新・陽転思考」
(2009/08/22)
和田裕美

商品詳細を見る


先日TEX加藤さんがブログで紹介されていた一冊。
気になりましたので、どんな感じか読んでみました。
(内容はTEXさんの素晴らしい記事を参照ください♪)

やはり一番気にいったのは

「事実はひとつ、考え方は二つ」という考え方

そして(ある例外を除いて)どのような出来事の中にも「よかった」点を見つけること

の大切さ、です。

上記については以前読んだランディ・パウシュ先生の本にも同じような考え方が出てきますね。
ある意味普遍的な考えなのかもしれませんが。

そして、和田さんが「ポジティブシンキング」とは違う、と言われているのは
「ネガティブな面も受け止めて、そのうえで光さす方を見つめる」ということ。

ツライことを経験したら、誰しも一瞬(もしくはしばらく)悲観的に受け止めてしまうことはあるのではないかなと思います。
そこを自分に無理をして明るくふるまうよりは、一旦自分の中で整理して、そのうえで一歩踏み出そうというスタンスに共感しました。

私って信じやすい人です(笑)

最近さほどストレスフルではなく、恵まれた環境にいるのですが、そんな私でも心が軽くなることを感じられた一冊です。
関連記事

コメント

TEX加藤

こんにちは。ブログ記事、ご紹介頂いてありがとうございます。和田さんの本、読まれたんですね。文面から人柄が伝わってきますよね。「人づきあいのレッスン」なんかも同系統の本ですので、ご興味あればアマゾンで立ち読みしてみてください。私は、和田さんのデビュー作も以前購入したのですが、その時と比較して、帯に掲載されている顔写真がどんどん美しくなられているのが驚きです。やっぱり内面の美しさが表情にも出てるんでしょうね。人生この「新・陽転思考」でいきたいですよね。

2009/09/03 (Thu) 01:40 | TEX加藤 | 編集 | 返信

豆太

TEX加藤さん!

TEXさん、こんにちは。
良い本をご紹介くださりありがとうございました!
そしてTEXさんの「お知らせ」を拝見し、驚きました!!(こちらは別途またお邪魔させていただきます)

私は彼女の本を今まで読んだことがなかったのですが、媒体から察するに、イケイケドンドンと言いますか、押しの強い、キツイ感じの方ではないかと勝手に思っていました。ただの偏見ですね。それがこの本を読んでイメージが払しょくされました。
良いきっかけをくださりありがとうございました。
他の本も、今度手に取ってみますね。

>やっぱり内面の美しさが表情にも出てるんでしょうね。人生この「新・陽転思考」でいきたいですよね。
年を重ねるごとに美しさが増すというのは理想ですね。「新・陽転思考」では、自分と合わない・受け入れがたい出来事や考え、人を切り捨てるのではなく、それを客観的に受け止めたうえで自分にとってベターな選択をしていくことで人としての器が大きくなっていくように思いました。
そんな人になりたいものです。

2009/09/05 (Sat) 09:03 | 豆太 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント