Welcome to my blog

まめ日記*ichigo-ichie

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Memoirs of a Teenage Amnesiac

Memoirs of a Teenage AmnesiacMemoirs of a Teenage Amnesiac
(2009/06/23)
Gabrielle Zevin

商品詳細を見る


上の表紙だったらきっと手に取らなかったと思う…表紙の力は偉大だ。
私が持っているのはコチラ↓
Memoirs of a Teenage AmnesiacMemoirs of a Teenage Amnesiac
(2007/09/17)
Gabrielle Zevin

商品詳細を見る


ストーリーは15歳のNaomiはある日階段で転んだ拍子に2年半の記憶を失ってしまう。
どうやら自分はyearbookのチーフで、テニスをやっていて、Aceのガールフレンドらしい。
だけど今の自分にはその生活はしっくりこなくて…

この本は"Elsewhere"の作者による作品でしたので、あまり深く考えずにジャケ買いした一冊。
シチュエーションは両者で異なりますが、テイストは似ていて、私好みでした。
あ、どちらも「今までと違う世界に放り込まれた主人公が、徐々に失った過去を事実として受け入れ、現状に適応していく」というところは同じかもしれません。
MEG CABOTほどハジけていないタイプの、YA好きの方にお勧めです。

YL5-6位(でもパス単1級レベルの単語も2つ3つは出ていました。)、約70,000語。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。