鷺と雪 

2009, 07. 20 (Mon) 22:41

直木賞受賞、おめでとうございます。

鷺と雪鷺と雪
(2009/04)
北村 薫

商品詳細を見る


ベッキーさんと私シリーズの第3作にして完結編。
とても楽しみにしていました。

今回は昭和10年~11年の東京。令嬢花村英子さんが、周囲に起る何気ない謎・・・よくよく考えるとちょっと怖い謎、を解き明かしていきます。
ベッキーさんの出番は少なめでしたが、満足。
自分的にはこの本のハイライトは桐原勝久様とのやりとりかなと思っています。
やはり自分も「今」を生きる身なのだと、それでも未来がよりよく、明るいものだと願わずにはいられない一人だと思い知らされる。

それから、今回は、いつもより教養的ハードルが高めかなぁと思いました。
文学や音楽、お能・・・
知らなくても問題ないけれど、知っていると、時々、縦糸と横糸とが交わる感覚を味わえます。
私には少し難しいところもありました。

北村薫さんは、最初に「スキップ」を読んだ時からのファンでした。
お嬢様探偵(覆面作家でしたっけ)も、円紫師匠と私シリーズも、姫宮あゆみさんシリーズ(あれ、これはシリーズではなかったか)も乱読していましたので、今回の受賞は嬉しいですね。

次は女性編集者が主人公の話が出るらしいので、これからも楽しみです。
関連記事

コメント

滝野川

私もスキップから

はじめまして(^^)

同じく北村薫さんの『スキップ』から
この人の描く小説に惚れ惚れしているファンです。
ベッキーさんシリーズは2冊目の『玻璃の天』で
知識の乏しい自分には
想像しようと思っても理解できなかった表現などがあって
情けない思いをしましたe-441

豆太さんのお好きな覆面作家、円紫師匠と私の両シリーズも
大好きです。
見逃しているであろうささいな出来事の
そうなったいきさつ(推理)を披露されるたびに
新鮮でワクワクしていました。

2009/11/05 (Thu) 14:41 | 滝野川 | 編集 | 返信

豆太

滝野川さん、

滝野川さん、はじめまして!
ブログご訪問&コメントをありがとうございます。

> 同じく北村薫さんの『スキップ』から
> この人の描く小説に惚れ惚れしているファンです。
本当ですか!嬉しいです。
私の周囲にはあまり彼のファンがおらず、「え?高村薫さん?」ってよく聞き返されていました(爆)

> ベッキーさんシリーズは2冊目の『玻璃の天』で
> 知識の乏しい自分には
> 想像しようと思っても理解できなかった表現などがあって
> 情けない思いをしましたe-441
ときどき難しく感じることがありますよね。昭和初期の風景だけではなく、思想も、そのころの教養ある人やお金持ちの人の考えること・例え話を理解しているともっとこの表現の意味するところがわかるんだろうなぁと思います。

> 豆太さんのお好きな覆面作家、円紫師匠と私の両シリーズも
> 大好きです。
> 見逃しているであろうささいな出来事の
> そうなったいきさつ(推理)を披露されるたびに
> 新鮮でワクワクしていました。

そうなんです、事件ともいえないようなことでも、そこに至る人の思いには深さがあり、時に悲劇があるんですよね。 それが何とも言えない余韻で素敵だなぁと思います。
「あ、そういう見方があったのか~!」と気づくと楽しいですよね。
これからもそんな感じの小説を発表していただけたらなぁ、なんて思います。

コメント、本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

2009/11/05 (Thu) 23:17 | 豆太 | 編集 | 返信

滝野川

愛らしくて、芯の強さも

そういうヒロインが多いですよね。北村作品。
初期の頃にはご本人も謎めいていましたし!

私の周りにもファンはほぼいなくて
なかなか盛り上がりません(^^;

円紫師匠を読んだときと
シャーロック・ホームズを読んだ後は
感化されて、街中で見かけるものに
じーっと注目してしまったこともありますσ(・・*)

新作の女性編集者、というあたり。楽しみですね。

こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします。
今勉学にいそしんでらっしゃる英語については
苦手な分野の筆頭にくるものなのでe-351
リード・オンリーになりますが
豆太さんのご趣味には反応するところが多々あり
訪ねてきてよかったと思っています(^^)

2009/11/06 (Fri) 09:53 | 滝野川 | 編集 | 返信

豆太

滝野川さん、

滝野川さん、こんにちは。

はい、ヒロインはクラスで目立つような美人orキャラが立つタイプではないですが、芯の強い、感情の機微に敏感な人が多い気がします^^
北村さん、謎でしたね~。
私は「スキップ」を読んだ後しばらくは北村さんは女性だと信じて疑わなかったです(爆)

>円紫師匠を読んだときと
>シャーロック・ホームズを読んだ後は
>感化されて、街中で見かけるものに
>じーっと注目してしまったこともありますσ(・・*)

よい本や映画に出会うと、影響を受けますよね!第三者から観るとちょっと怪しげだったりもしますが(汗)
自分は影響を受けるとその口調がブログの記事にすぐあらわれるので、わかりやすいです(^_^;)

英語はいそしむといいますかのたうちまわっている状態ですが、「こんな人もいるんだ~ハハ」と流していただければ幸いです(笑)
こちらこそ、あたたかく、嬉しくなるコメントをくださいましてありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

2009/11/07 (Sat) 00:24 | 豆太 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント