まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

会社に人生を預けるな

会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書)会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書)
(2009/03/17)
勝間和代

商品詳細を見る


「リスク・リテラシーを磨く」という表現が、とても気になり、手に取ってみました。
ざっと読んで、「どう磨くか」というよりは、「磨くことが大切ですよ」ということだったように思いました。

そして、「会社に…」というところは「他者に自分の人生を預けるな」ということなのではないでしょうか。
(そんなの当たり前じゃん、というツッコミはなしでお願いします 笑)

どちらかというと、個人にノウハウを伝えるというよりも、お上に意見があることを、個人の啓もうを通じて伝えようとしている感じがしました(だからディスカヴァーじゃなくて光文社新書なのかもしれません)

【自分にとって新たな知見;ただし鵜呑みにしないこと】
1.日本の終身雇用制は日本の停滞の最大の原因。
・能力があってもなくても年数とともに給与は上昇し、それを支える一部の人たちが猛烈に働き、ワークライフバランスに支障をきたす。
・また、整理解雇ができにくいため、企業は人員のコストバランスをとる方法として非正規雇用を利用している。
・女性も働き手として長時間労働が普通になっている。あるいは出産等で退職しても再雇用がなかなかされにくい。これらは少子化に拍車をかける要因となっている。

2.リスクリテラシーの活用。
・リスクはチャンス。
・リスクは一生ついて回る。
・身近なところからリスクをとる力を鍛えられる。
・リスクを見極める。
・リスクを分散させる。


もっとあるのですが、書ききれなさそうなので、このあたりまで。

終身雇用制度については、英検のスピーチや作文で使えそうなキーワード満載ですね。
「ワーク・ライフ・バランス」「非正規雇用」「少子化」などなど。
自分は言葉としては使うけれど、その実あまり深く考えていなかったので、これを機会に少し考えられたことがよかったです。

自分のリスクのとり方指南、というよりは現代社会への提言、という角度から、他の方の本などももっと読んでみたくなりました。
関連記事
【 2009/04/26 (Sun) 】 和書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
プロフィール

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: