Welcome to my blog

まめ日記*ichigo-ichie

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふみ子の海

071021

監督  近藤明男
出演  鈴木理子 、高橋惠子 、藤谷美紀 、高橋長英 、中村敦夫 、平田満
製作年度 2007年

8歳のふみ子は盲目だが才気あふれる女の子。盲学校に進学したいが、家の事情もあり、手に職をつけるため、あんまの道を選びます。

☆☆☆(このあとはネタバレありです)☆☆☆
全編を通じて何度も涙してしまいました。新潟の厳しい冬。母を思い生計を立てていくために学問をあきらめるふみ子。
盲目であることで差別されたりからかわれて、とてもかわいそうでした。

そして様々な出会いと別れ。8歳から数年の間でこれだけの困難にあい、乗り越えていこうとする様子はけなげで、頑張れと思わずにいられませんでした。

ふみ子と一緒にあんまの修業をする弱視のサダちゃんが何度か「私は何のために生まれてきたんだろう」と言う台詞が胸に刺さって、辛かった。
それは彼女だけではなく、自分も、そう思うから。
でも、きっと何か意味があると信じて、命ある限り生き続けなくてはいけないんだよね。
きっと。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。