Welcome to my blog

まめ日記*ichigo-ichie

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EQ こころの鍛え方

EQ こころの鍛え方 行動を変え、成果を生み出す66の法則  高山 直 著







最近仕事でストレスを感じることが度々ありました。
それは、誰か他人に対してではなく、自分に。
コミュニケーションがうまく取れていないと思うことが度々あったのです。





そんな時、職場の図書コーナーにこの本があり、ちょっと手にとってみました。





EQは「こころの知能指数」とも呼ばれ、人の「感情」をうまく管理し、機能させることで前向きな感情を生み出す事を主眼としています。









感情が行動に及ぼす影響については、誰しも経験があるのではないでしょうか。
例えば仕事でちょっとしたミスをしたとき。
A課長に指摘されるとその言い方に思わずムカつき反論してしまう。
一方B課長に言われると、なるほど、とそれを受け入れ改善に向かって努力していく。





 EQとは次の4つからなります。



(1)自らの感情の状態を知り、
(2)思考の助けとなる様自らの感情を生み出し、
(3)他者の感情の状態を理解し、
(4)
より生産性を高めるために感情を調整する  能力だそうです。





本書ではまず自己診断した上で、EQを鍛えるための方法を数多く紹介しています。



例えば「感情メモをつける」、「前向きな言葉、肯定的な言葉を使う」、「シックス・セカンズ ポーズをつくろう」などなど・・・





それぞれの方法には上記4分類のどれを鍛えるのに役立つかマークがついていますので、自分の不得意な部分から手を付けてみると良いと思います。





そして何よりも実践! 本を一通り読んで理論を頭に入れたらあとは実践することがEQ力を付けていく近道だと思いました。





ちなみに自分の場合は「感情調整力」がダントツに低かったです(涙)



これではいくら自分や他者の感情を理解できても、目的達成に必要な最善の行動が取れないそうです。得てしてパフォーマンス悪し(^_^;)





まずは相手の意見を「間違い」ではなく「違い」として受け止める訓練からはじめてみようかな(^_^)


-----
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。