まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

うれしい!

080915.jpg

「おくりびと」が第81回アカデミー賞の外国語映画賞を見事獲得しました!

映画好きとしては、とてもとても嬉しいニュースでした。
昨年の9月に見た時もいい映画だと思っていたので、世界に(というかアカデミー協会会員に)認められてよかったと思います。(その時の感想はコチラ)。

言葉も国境も超えて多くの人に日本映画が受け入れられたのはとてもうれしいです。
武士ものだけじゃない、クロサワだけじゃない日本映画が認めてもらえてうれしいです。

それから授賞式前後の様子を少しテレビで見ましたが、本木さんが、外国メディアのインタビューに対して極力英語で答えていたのが、あっぱれ、でした。
かっこよすぎる。

最後に、「つみきのいえ」が短編アニメーション賞に選ばれました。
おめでとうございます!12分間のストーリー、見てみたいです。
関連記事
【 2009/02/24 (Tue) 】 映画・DVD | TB(0) | CM(6)
人間の本質
若い人から見たら
このクソジジィとか
クソババァって思うかもしれない
ことが、あるかもしれない・・・

でもよーく考えると
いつか自分も同じ年齢になるんだ。
そのことをよく考えて行動言動してほしい・・・

そう感じた「つみきのいえ」
大好きです。
【 2009/02/24 】 [ 編集 ]
なるほど。。。
えみえもんさん、「つみきのいえ」ご覧になったのですね!

そうです、時間は決して戻らず、みな同じように年を重ね、思い出を積み上げていきますよね。

ますます気になってきました。ぜひ見てみたいと思います♪
【 2009/02/24 】 [ 編集 ]
モックンかっこいい
私も豆太さんと同じ記事を書きました。
私も受賞インタビューをTVで見ましたが、モックンかっこよすぎです。きっとしっかり英語を勉強しているんだなあ、と思わせるインタビューでした。
【 2009/02/25 】 [ 編集 ]
やったね!ブラボー!!!
アカデミーでも日本の映画が高く評価される時が
いよいよきましたね。うれしいです。

私も日本映画は好きなので、とってもうれしいです。

カンヌ映画祭では、河瀬直美さんとか黒澤清さんとか評価されていますが、アカデミーでは快挙です。

すばらしい!ブラボー!
【 2009/02/26 】 [ 編集 ]
つんつるてんさん!
つんつるてんさん、こんにちは!
おぉ、つんつるてんさんも同じところに注目されていたのですね!
本当、モックンかっこいいですよね。
私が想像するに、奥様のアドバイスなども受けつつしっかり準備されたのではないかと思いました。
伝えたいメッセージを、相手の言葉で伝えるって大切ですね。受け取る側の心の垣根が低くなるような気がします。
【 2009/02/28 】 [ 編集 ]
白うさぎさん!
白うさぎさん、こんにちは!

本当、嬉しいですね♪

私はあの映画を見た時、「これが外国で受け入れられるとしても、【納棺師】という特殊な職業が”フジヤマ””ゲイシャ”のような記号としてとられて、それだけで終わっちゃうのかな…」という一抹の不安もあったのですが、テーマとしての死生観がそれぞれの国のそれぞれの人の解釈の中で受け入れられたようで、とてもうれしいです。

これからも日本映画がどんどん世界に進出するといいですね。
楽しみです♪
【 2009/02/28 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
プロフィール

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: