まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

そこに壁はあったのか

TOEIC学習とスコアアップについて、ある方(800点台)から質問を頂いたことがありました。
「900を突き抜けた決定打は何ですか?」と。

今日はその方にお答えするつもりでエントリを書きたいと思います。


さて、ご質問の件ですが、・・・うーん、正直自分でもわからないんです(爆)

強いてあげれば、TOEIC対策問題集をキチンとやったことかもしれません。

↑あ、この言葉を見て対策問題集だけ をやろうと思ったあなた、使い方によっては大きな間違いです。

だって、私の結論は「TOEIC対策以外の学習をしっかりすることが大切」、と言いたいのですから。



多分私の英語学習歴は他のTOEICブロガーの方たちと異なる点が多いと思います。
なので、参考になる方はほとんどいないかもしれないことを最初に記しておきます。

そもそも、学生時代特に得意でもなかった(むしろ苦手だった)英語なのに、大人になってから学習するようになった動機は、時期によって様々でした。

第Ⅰ期:海外旅行や映画で英語がわかる、使えるようになりたかった。
第Ⅱ期:あるとき約1年、仕事で少しだけ英語を使う必要が生じた。
第Ⅲ期:仕事で全く使わなくなってから数年後、実は英語が使えるほうが出来る仕事の幅が広がることに気がついた。

私にとってTOEICのスコア自体は、いつも「その時々の英語力をみる代理指標」であり、「○点取る」為の目標値ではありませんでした。
なので、第Ⅲ期以降、最近4,5年はずっと800点台を行ったり来たりだったのですが、さして気にもせず(もちろん下がれば悔しいですが)、アウトプット力を測れる試験にフォーカスしていました。
そして2006年6月に英検準1級に、2007年6月にケンブリッジ英検(FCE)に合格しました。

英検やケンブリッジ英検のほうが総合英語力をつけるのにいいかなと思って学んできましたが、合格した後で受けた2008年3月のTOEICが880点と、前年とまったく変わらず、過去最高スコアに並ぶこともできませんでした。

正直ショックでした。FCEなんて試験の翌日首から肩が筋肉痛になるほど一生懸命やったんだから(←ちょっとカン違いしてる笑)、TOEICだってちょっとは上がるだろうと思っていたのに5点、10点、と下がっていたのですから。
その後ようやく「テストによって求められているスキルはそもそも違うのだ」ということに気づきました。
「TOEICで突き抜けるにはTOEIC対策をするしかない」と思ったのが、本腰を入れる始まりでした。

前置きが長くなりました。

そこで初めて、今まで気づいていたけれど適当にごまかしていた弱点と向き合うことにしました。
それが「文法」です。

2008年3月以降に主に取り組んだ教材は以下の通りです。
・でまくり英文法
・直前3回模試
・日数逆算シリーズ 赤信号
他に6月に英検1級を受けたのでその教材も少し。

・・・明らかに少ないですね(爆)

上記をユルユルと続けていたときに、日数逆算シリーズを執筆された先生方が一堂に会された「Fusion2」に参加しました。
これが私にとって、一番の起爆剤になりました。
教えていただいた学習法はTOEICだけでなく英語力そのものをつけるのにも役立つ、自分が一番やりたかったものでした。
自分はTOEICに特化した学習をしなくては、と掛け声をかけながらもどこか気持ちが乗らなかったのですが、セミナーに出席して一気に吹っ切れました。

ですので、これが終わってから次のTOEICまでの21日間は相当な集中力をもって勉強しました。
その結果、930点を達成しました。


以上のことをまとめようとすると、900を超えるコツはとても一般的な表現になってしまいます。
・土台づくりと並行して
・少数の、自分の好きな教材を自分が納得できるやり方で学習し続ける こと   です。

これを読むと「そんなの最初っからわかっているよ!」と、石が飛んできそうなので、少しだけ具体例を出します。

私は文法が苦手ですので、アプローチとしては以下の2通りをとりました。
(1)Part5問題集(自分の場合は直前模試)
1) 問題を普通に解き(模試だったのでリーディング100問を時間通りに解く)、間違えた理由を「フォレスト英文法」などの参考書で調べる。
2) 次に問題を解くときは、一問ずつなぜ自分がその選択肢を選んだか、説明を横につける(大体1問1分くらいです)。答え合わせをすると自分の勘違いぶりがよくわかります。
3) また問題を普通に解く。→勘に頼らず正解できるようになったら一区切り。
4) 今度は選択肢を見ずに解く。何も浮かばないときは選択肢のAをみて解く。

(2)でまくり英文法(人によってはもう少し全体を網羅した参考書・問題集がいいです)
1) 英文を読んで意味が取れるか、文法の何の項目についての例文なのか、語の位置に違和感がないかを確認。(なぜココにこの単語が来るんだろうと思う場合は、大抵そこがテストで解けないウィークポイントになります。)
2) 音をきき内容をイメージできるか。ディクテーションなども。
3) 見出し語にマーカーで色をつけ、音読とシャドーイングで口・耳に馴染ませる(ある意味、テスト時の「なんとなく、これ」という勘を鍛えているのかも)
 7月はこのレベルまででした。今はもう少し掘り下げた学習をしています。


紹介した2つのうち、直前模試の1)&3)はいわゆる「対策学習」に近いところなんですが、それだけをやっても、いずれ頭打ちになります。
1)&3)はどちらかというと、自分の引き出しに詰め込んだものを、求められた順に取り出せるようになるための練習、というイメージです。
ですので、引き出し自体が小さければ、そもそもたくさんのものが入りません。
たくさんのものが入るようにするには、引き出しを大きくする作業、が必要になると思うのです。
なので、ただ問題を解いて解説を読むだけでなく、2)や4)の自分でさらから考える作業をすることでちょっとずつ大きくしていけるのではないかと思います。

ほかにも、問題集に限らず、例えばたくさんの英語を読んだり聞いたり(中級以上向け、初級者は無理せず、材料を見極めて)、あるいは少量をジックリ読んで考えたり、自分の言葉でアウトプットしたり(初級から上級まで)、という作業がよいのではないかなと思っています。
自分的にはこれがFCEの学習だったり、多読でした。

私は一学習者であり教育・指導者ではないので、とんでもない勘違い発言かもしれませんが・・・

なので、今一度最初の「900を越える決定打は何か」というご質問に関して答えるとしたら、

その方が対策本などをされたことがないのであれば、そちらを今すぐ進めますし、やりすぎて・・・という場合には、その教材を”素材”として、あるいは他のものでも良いので、「英語の土台」を広げる作業をされることをおススメします。

「テストを受け続ければ上がる」という方もいらっしゃると思いますし(慣れという意味では私もAgreeです)、対策本だけでスコアを上げられた方もいらっしゃるかと思うので、ご自身の背景と今のレベルによって取捨選択していただけたらよいかなと思います。

上記が800点台の方への私なりの回答です。

もし500点前後であれば、自分の経験からは以下をおススメします。
・基本語彙力をつける。
 「TOEIC頻出単語を含む例文集(勿論音つき)」を買って、ひたすら繰り返して覚えること。
(多分この時期はシャドウイングのみでは効果薄です。やった気になるが思うほど力はつかない(気分を害される方がいたらすいません)。一文をいくつかに区切ってもいいのでリッスン&リピートや、構造を分解して納得するまで理解した後(決して和訳を作るという意味ではないです)、直読直解スピードでの音読のほうがいいと思います。)
・文法の基本参考書(対策用解説書でも良いです)を繰り返しやること。

私はTOEIC用ではないですがDUOで基礎固めをしました。
この頃に対策問題集ばかりをやるのはあまり得策ではないと思います。
例文集に飽きたときに手をつける感じで良いのではないでしょうか(暴言?)

学生時代英語の成績が並以下でも、留学経験なくても、自分がなぜそれをやりたいか(英語ができたらどんなふうに周囲も自分もハッピーなのかということ)、を見失わなければ、いつか突き抜けられると思います。

それぞれの目標に向かって、頑張りましょう。

関連記事
【 2009/02/22 (Sun) 】 英語のこと  TOEIC | TB(0) | CM(14)
おお!
こんばんは、豆太さん!

本日の豆太さんは迫力が... 憧れ、尊敬、そして畏怖の念を抱いております
(ちょっとビビッていますe-350)。
豆太さんのアドバイスを勝手に頂戴し、私は前進します。
そのうち成長をお見せできると思います。
【 2009/02/22 】 [ 編集 ]
ついていきます
今外なので
帰ったらメールします。例の

今日の豆太さん!かっちょいいーーー
もう絶対ついていきます。
すごく参考になると思います。
壁を超えるには
人それぞれ己を知って
その己を超えることでしょうから
誰かのまねをしたからといって
壁が超えられるわけではないと思いますし。

がんばります!
ですので
よろしくお願いします。
【 2009/02/23 】 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2009/02/23 】 [ 編集 ]
こんにちは
こちらの記事を大変興味深く読みました。
わたしは勉強の途中でモチベーション維持や自分の勉強方法でいいのか時々悩んだりしていたので、この記事を読んでとても勇気づけられました。
こちらの記事を参考にさせて頂こうと思います。

それから、リンクさせて頂いても宜しいでしょうか?
よろしくお願いします。
【 2009/02/23 】 [ 編集 ]
勉強になりました。
ありがとうございます。
同じものを繰り返し練習していく重要性が最近一段とわかってきたような気がしてます。がんばります!
【 2009/02/24 】 [ 編集 ]
ハマちゃん!
ハマちゃん、こんばんは!
おぉ、怖かったですか~、これは失礼いたしました!e-447

まだまだ文章が荒削りと言いますか、うまくないですね(汗)
やわらかく、くるむように説明できるようになりたいものです。

はい、ハマちゃんの成長をしっかり見させていただきますよv-218
私の文章は取捨選択して、ハマちゃんに合うところだけでも参考にしていただけたら嬉しいです。

これからお互い大きくジャンプしましょうね!
【 2009/02/24 】 [ 編集 ]
えみえもんさん!
えみえもんさん、こんばんは!
おそくまで外出お疲れ様でした。
とても楽しまれたようでe-266よかったですね^^
(あ、「例の」メールはまだ受け取っていないですが、OKでしょうか?)

いえいえ、全然格好良くないんですe-352
本当に格好良かったら何年もウダウダせずにすっと高得点e-278を取っているはずですもの。

おっしゃる通りで、「過去の自分との健全な競争」が大切なんですよね。
そして人は自分が納得した事しか受け入れられないので、学習においても結局は自分が認められる方法が一番続くのだと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!
【 2009/02/24 】 [ 編集 ]
隠しコメントさん!
隠しコメントさん、こんばんは!
いい感じに要約してくださってありがとうございます(笑)
「火がつくv-42」きっかけは人それぞれと思いますが、隠しコメントさんもそのような機会e-415に巡り合われてとてもよかったですね!
これもなにかの縁と思いますので、ぜひ大きくしていってくださいe-446
いいんですよ、私の記事は参考にしないでください!(笑)
でも、今年中の目標は、私もしっかり拝見しましたから、ぜひ達成なさってくださいね。
コメントありがとうございました、これからもお互い頑張っていきましょう。
【 2009/02/24 】 [ 編集 ]
Kaoriさん!
Kaoriさん、こんばんは!
記事をお読みくださりありがとうございました。

勉強の途中で迷うこと、私なんてしょっちゅうです(汗)
一定期間試して効果が出ないと、もう嫌になって急にサボってしまうe-443こともよくあります。
なので、記事ほどストイックに取り組んでいるわけではないことを、ここに告白させていただきます(爆)

でも、もし何か少しでも参考にしていただける部分があったとしたら、とてもうれしく思います。
ぜひ"Kaoriさんスペシャルe-420"な勉強方法でまい進していってくださいね。

リンクの件、ありがとうございます。もちろんです。私からもリンク貼らせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします!
【 2009/02/24 】 [ 編集 ]
kawahiroさん!
kawahiroさん、こんばんは!
kawahiroさんの、英検チャレンジャーな記事にいつも刺激をいただいております。
こちらこそありがとうございます!

はい、学習ではいろいろ手を広げつつも、気に入ったものとじっくり付き合ってみることも力をつけるうえでは良いように思います。

私の場合「出まくり英文法」で、昔{?}をつけていた個所を見て、「あぁ、私、以前はこれもわからなかったんだなぁ~、ちょっとは成長したんだなぁ」と感慨に浸ったりします(ただのバカですe-455

私も3月15日のTBRが終わったら、英検に全面切り替えで全力投球します。
お互い頑張っていきましょう。
【 2009/02/24 】 [ 編集 ]
豆太さんへ
お返事ありがとうございます♪
わたしも自分に合う勉強法を早く見出したいと思います。

それから、早速リンクさせて頂きました。
これからもよろしくお願いします。
更新楽しみにしています♪
【 2009/02/25 】 [ 編集 ]
>「英語ができたらどんなふうに周囲も自分もハッピーなのかということを見失わなければ、いつか突き抜けられると思います。」

豆太さん、
かっこいいです。
素敵!!!

火がつきました。
e-269<ボァ=3v-530<あちち


【 2009/02/26 】 [ 編集 ]
Kaoriさん!
Kaoriさん、こんにちは!
リンクありがとうございます。
Kaoriさんもこれという教材を決めて頑張っていらっしゃいますね。
私は今週公私ともドタバタして学習量が少なめだったので、また、気合を入れなおしていきたいと思います。
お互い目標に向かって頑張りましょう。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!
【 2009/02/28 】 [ 編集 ]
白うさぎさん!
>素敵!!!
ありがとうございます!
リアルでは全く素敵ではないですが・・・(大汗)
ブログでは、あまり暗い話は書かない(書けない)ので、読んでくださる方に良いイメージだけを植え付けている気もします(爆)

もっと素敵な人になりたいものです。
Happy for No Reason、でいきましょうね♪
【 2009/02/28 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
プロフィール

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: