Welcome to my blog

まめ日記*ichigo-ichie

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふぅ。な日々

英語を仕事で使うことから逃げない、と宣言した途端いろいろな機会を与えられ、本当にありがたいと思っています。
がしかし、路上ライブですら手ごたえのないままいきなり武道館に放り出された状態で、結構アップアップしています(爆)
そして本当に大切なことは、英語よりも相手を納得させる論理構成を作らないといけないということ。
なのでそんなときには「英語は『手段』なんだなぁ」と、感じたりします。

・・・とまぁ言い訳はこのくらいにして(爆)
忙しくても学ぶ手は止めないように、と思いつつこちらをパラパラとやりました。

1日1分レッスン! TOEIC test ステップアップ編1日1分レッスン! TOEIC test ステップアップ編
(2007/03/13)
中村 澄子

商品詳細を見る


3周目は間違えたところのみ総チェック。
結果、やっぱり間違えたのはこの1フレーズでした。

on the premises  「敷地内に/建物内に」

どうしても in を選んでしまうんですよね~。超感覚派の私としてはkao04

onについては先日この本を読んだばかり。 丁度inとの違いも書かれていました。

ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)
(2005/12)
大西 泰斗ポール・マクベイ



短期的には上のフレーズを丸暗記すれば終了、なのでしょうが、もう少し試行錯誤してこれら前置詞が意味する違いを身につけたいです。

日々の学習は、短時間でも継続していこう。
そろそろ『ビジネス書読み』気分が復活してくるかなぁ~と、次の波を待ちながら。

関連記事

- 9 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/01/28 (Wed) 12:20 | EDIT | REPLY |   

TEX加藤  

premises

こんにちは。この問題(premisesと複数形が正しいかと)、私も最初はinを選んでしまいました。日本人的感覚だと難しいなあと思っていたのですが、せっかくなのでこの機会に調べてみました。premisesには、「前提」という意味もありますよね。元々の語源はそちらだったようです。「~という前提に基づいて」ということですから、based onと同じく、「on the premises」ですね。それが、中世にはリーガルドキュメントなどで、「文書の冒頭で既に述べられている(前提とされている)資産」という意味で使われるようになり、やがて、18世紀には建物や土地などの資産そのものを指すようになったそうです。そうやってこの言葉の持つ歴史を考えてみるとこの問題は2度と間違えないかもしれませんね。私も勉強になりました。

2009/01/28 (Wed) 12:41 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/01/28 (Wed) 14:00 | EDIT | REPLY |   

えみえもん  

なるほど!

では私も後について
この教材、復習することにしますね!
実は持っていますの。

これでpremise間違えたら
本当のアホやね。

でも間違えないようにいきます!

2009/01/28 (Wed) 22:59 | EDIT | REPLY |   

豆太  

もう忘れません

TEX加藤さん、こんばんは!

調べられた内容を教えてくださり、ありがとうございます!!
私はpremiseは「前提」としか覚えていなかったので、まず問題文を読んだときに意味がわからず、2回目、3回目のときにはなんとなくこの文章での意味は覚えているけれど前置詞はさっぱり、という感じでした。

TEX加藤さんですら最初はinを選ばれたと伺い、そういうこともあるのだなぁ・・・(自分はいつものことだが)と思うと同時に、きっとたくさんの方が引っかかったりするのではないかと思いました。

> この問題(premisesと複数形が正しいかと)、
ありがとうございます!早速修正しました。 

これだけ詳しく教えていただいたら、もう間違えるわけにはいきませんね!
どこからでも、何月の試験でもかかって来い!位の勢いです(自信アリ過ぎかも)
TEX加藤さん、本当にありがとうございました!!
まだまだ未熟者ですが、これからもよろしくお願いいたします。

2009/01/29 (Thu) 00:20 | EDIT | REPLY |   

豆太  

納得ですね

えみえもんさん、こんばんは!

この本、えみえもんさんも持っていらっしゃるんですね!
手ごたえはいかがでしたでしょうか。
この本は目指す得点によってレベルわけされていますが、自分的にはあまり関係ないかな・・・という感じがしました。
ひとつひとつ穴を埋めていくことが必要ですね。

TEX加藤さんのおかげで、一つの表現にドラマが生まれた(正確には披露された、ですね)気がします。
私も、アホにならないよう(まぁこれ以上はなる余地もないですが)コツコツがんばりまっす!

2009/01/29 (Thu) 00:24 | EDIT | REPLY |   

豆太  

Lさん!

Lさん、こんばんは!
コメントありがとうございました!
ご連絡させていただいたので、もし届いていなかったらお知らせください~。
よろしくお願いいたします^^

2009/01/29 (Thu) 00:34 | EDIT | REPLY |   

Kaori  

初めまして

リンクでこちらに辿り着き、時々拝見しております。
わたしは現在TOEICの勉強をしていますが、これまで年に1回のペースでしか受けていない初心者です。

こちらの記事を読ませて頂き、とても勉強になりました。
"on the premises"を覚えるきっかけを作って下さった記事に感謝です♪
これからも時々拝見させて下さい。
宜しくお願いします。

2009/02/09 (Mon) 11:25 | EDIT | REPLY |   

豆太  

初めまして!

kaoriさん、はじめまして!
ご訪問&コメントありがとうございます。

kaoriさんもTOEICの学習をしていらっしゃるんですね!
年1回のペースで受験、いいと思いますよ。
私は昨年は特別に4回も受けましたが、それまでは1年に1回とか2年に1回とか、バラバラでした。

> "on the premises"を覚えるきっかけを作って下さった記事に感謝です♪
もうこれはTEX加藤さんに感謝ですね!
覚えにくい単語やフレーズもこうして解説していただくとバッチリ心に残ります。
間接的にでもkaoriさんのお役に立てていれば嬉しいです。

ご訪問ありがとうございました。
微妙な日記ブログですが、息抜きがわりにでもお立ち寄りいただければ幸いです。
これからもよろしくお願いいたします。

2009/02/09 (Mon) 22:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。