Welcome to my blog

まめ日記*ichigo-ichie

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイチンゲールの沈黙

ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)
(2008/09/03)
海堂尊



ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)
(2008/09/03)
海堂尊



一気読み。

『チーム・バチスタの栄光』がとても面白かったので(そのときの記事はコチラ)、この本も期待して読みましたが、それを裏切らない出来ばえでした。

今回は、小児外来の職員や患者が関わるミステリー。
田口先生は相変わらず『愚痴外来』でノンビリしているけれど、静かにしたいと願うほど、周囲が騒がしくなるのは前回と同じです。
取り巻くうるさ型メンバーが増えて、さらにかまびすしいですが、それと対照的に主人公といえる女性たちの心の動きが静かで、だけど、底なし湖のように深く、淋しく、切ないです。

ちょっと、北村薫を思い出しました。

医療に関しては、前回も出てきたAIもまた出てきます。また、警察の捜査手法として「電気紙芝居」(・・・正式名を忘れました)が出てきますが、読みやすさを妨げることはありませんでした。

次の一冊が読みたいです。

関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。