Welcome to my blog

まめ日記*ichigo-ichie

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pride and Prejudice

Pride and Prejudice (Penguin Classics)Pride and Prejudice (Penguin Classics)
(2003/01)
Jane AustenVivien Jones



2003年1月に多読を始めて585冊目、10,902,569語での通過本になりました。
正直ここまで来れるとは思ってもみなかったです。

多読を始めて割とすぐに、英語で大衆向けでちょっと古典っぽいところを読みたいなぁと思うようになりました。
ディケンズとか、ブロンテ姉妹とか、このオースティンとか。
多分「嵐が丘」以外は日本語版を読んでいないと思います。

なので、助走期間としては、GRを数種類読んで、大体のあらすじと人物相関図を描いて。
原書は1年以上前から本棚でお眠りいただいていたのですが、それを時々パラパラッと眺めて。
で、今年9月からいよいよ読み始めました。

スタートして初めのころは巻末注などを引きながら読んでいましたが(時代が少々古いので、ところどころ今の英語と使われている意味が違うのです)、それもまどろこしくなって、途中からは本編のみ少しずつ読み進めてきました。
多読としてはスピードが遅くて本当は投げた方がよかったのかもしれませんが、目標としていた本だったので、そこはあきらめずに(笑)、続けることができました。

さて、内容のほうですが・・・理解度としては3-4割と言ったところでしょうか。
たまにほとんどわかる章もあるのですが、そうでないところも結構ありました(汗)
会話の応酬シーンで、長いところだとカンマを使いながら一文が7,8行あったりするんですね。
返り読みはしないので、「それでね、誰々がどこに行ってね、あぁ、そうなのよ、それは2ヶ月前のことだったわ・・・」と長くなるに連れ、誰についての話か忘れてしまったりします(^_^;)

メインはエリザベスとダーシーの話なんですが、GRでイメージしていたほどの恋愛話炸裂(?!)ではありませんでした。。。。当時だからあたりまえか・・・
その分、Lydiaがようやく結婚することとなったものの、様々な裏事情が明るみに出たあと、皆が手紙や会話の中でWickhamを容赦なくダメ男よばわりするのがなんだか面白かったです。
やっぱり女性って現実的だなぁ・・・なんて。

自分なりに、雰囲気を感じることが出来て良かったです。

さて、次はどっち方面にいこうかなぁ~
しばらくは気分に任せて、気軽に読みたいです。
今年は数えてみたらまだ77万語くらいしか読んでいなかったんですね。
確かに、時間をいろいろと削っていたので。
少しずつ取り戻していきたいと思います。
関連記事

- 6 Comments

ぽめ奥様  

585冊!すばらしい!でも、続けている事が一番すごいと思いますよ!

私はStephen Kingが好きなんですが、やはりスラスラとはいかないので今は封印して、MonkっていうTV番組知ってますか?それのノベライズがシリーズで出ているので読みまくっている所です。

本読むの、楽しいですよね~。なんか読んでる間は別世界に行けて。勉強になってるか微妙な所なんですが、楽しいからいっか~、と現実逃避中。

これからも読書、楽しんで下さいね~!

2008/11/24 (Mon) 23:05 | EDIT | REPLY |   

白うさぎ  

豆太師匠

豆太師匠

・585冊目
・10,902,569語(桁がわからないよ~)

素晴らしいです。
半端じゃないですね。やっぱり!

100万語超えたぐらいで喜んでいた
私は、まだまだ努力が足らないな反省しました。

>「恋愛話炸裂(?!)ではありませんでした。。。。
>当時だからあたりまえか・・・」

おぉ、そうなんですか。
そこに期待しちゃいけないですね。
昔むかしの恋のかけひきって、興味あり!です。
いつの世でも、男はダメ男ですね~。
ふふふ、面白そう。
感想、有難うございます。

---
ぽめ奥様

はじめまして。
私も、迷探偵モンク大好きです。
初期のギターのテーマ曲が気に入って、
CDまで買っちゃいました!

2008/11/25 (Tue) 06:06 | EDIT | REPLY |   

えみえもん  

すごいわ

さすがですね!
オースティン読みやすいですよね。
読み物が一般大衆に広がって
気軽な読み物がでまわった時期の
オーソドックスなスタイルですね。

サージャリン(米)は人気高いですよね。
私はやっぱりマイナーでもいいので
アイルランド文学が好きです。

2008/11/25 (Tue) 22:08 | EDIT | REPLY |   

豆太  

ぽめ奥様!

ぽめ奥様、こんにちは!
コメントありがとうございます。

>でも、続けている事が一番すごいと思いますよ!
ありがとうございますm(_ _)m でも、これは単に「やめるのが面倒くさい」というものぐさな性格によるからだったりもします(爆)

ぽめ奥様のお好きなStephen King,超有名な大御所さんですね!そしてPBは超分厚いイメージが・・・ 以前GRで『The Body』と『The Girl Who Loved Tom Gordon』を読みましたが、後者は途中から自分のほうが意識朦朧として、あやしげなヒトになっていました。。。たくさん有名な本があると思いますが、PB読まれたら、是非感想など教えてくださいね。

Monk、知らなかったので、今ググッてきました。なるほど、ぽめ奥様は推理小説などがお好きでしょうかしら?
ノベライズだと、映像がイメージしやすいし台詞も短めで会話のやり取りが多そうで、いいですね。ガシガシ読み進められる本に出合えるのはとてもラッキーなことだと思います。

>本読むの、楽しいですよね~。
同感です!単純かもしれませんが、自分が経験する以上の世界を垣間見るのは楽しいですね♪
これからもますます読書をエンジョイしてくださいね!そして、新しい世界をぜひとも教えてください!!

2008/11/25 (Tue) 22:59 | EDIT | REPLY |   

豆太  

白うさぎさん!

白うさぎさん、こんにちは!
師匠だなんて、とんでもないですよ~(汗)白うさぎさんの『師匠』は三羽師匠のイメージです♪

585冊目といいましても、1冊の総語数が100語以下などもわんさかあるわけで・・・

>100万語超えたぐらいで喜んでいた
>私は、まだまだ努力が足らないな反省しました。
白うさぎさん、 100万語超えていらっしゃるんですね。すごいじゃないですか!!
大いに喜びましょうよ\(^o^)/
努力が足りないなどということはありません。楽しければ続ければ良いし、面白くなければ読まなければ良い、というレベルで十分と思いますよ。
自分の場合、一時は「英語力向上のため」ジャンルにこだわらず多読をしていましたが、やっぱり面白くなかったです。「好きなものを好きなだけ」読むのが良いです♪

今回は読めている割合が少ないので、本当は恋愛話炸裂だったかもしれません・・・(汗)機会がありましたら、是非一度お目通しください!

2008/11/25 (Tue) 23:08 | EDIT | REPLY |   

豆太  

えみえもんさん!

えみえもんさん、こんにちは!

>オースティン読みやすいですよね。
えみえもんさんこそ、さすがです!すごいです!!
私もそう聞いてはいたものの、読んだら難しかったですよ~。
ディケンズで1回挫折しているので、今回はなんとか1冊読み通そうと、必死でした。

>私はやっぱりマイナーでもいいので
>アイルランド文学が好きです。
えみえもんさん、アイルランド文学がお好きなのですね♪
自分は教養がなくて、結構「英語の本」と、ヒトくくりにしてしまっている部分があります。
単純に、アイルランド(ダブリンあたりでしょうか)を舞台にした小説だと、なんとなく、グレーの空のイメージです。
きっとえみえもんさんのブログで紹介されているかと思われるので、アイルランド文学がどんな感じか、勉強させていただきますね!

コメント、ありがとうございました。また色々教えてください!

2008/11/25 (Tue) 23:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。