Welcome to my blog

まめ日記*ichigo-ichie

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『赤』のフェルメール

081005b.jpg

フェルメール展、始まる前から大々的に宣伝していたし、自分のブログでもエントリに書いていたけれど、前売券を買うのをすっかり忘れていました。

そんなこんなで、ようやく見に行くことができました。
自分の中では、ワシントン・ナショナル・ギャラリー展で見た『手紙を書く女性』以来のフェルメール。あの時はモネを見に行ったつもりだったのに、その女性の光さす手元に、耳飾りが放つ光沢に、吸い込まれるように見入っていました。

そして今回。今回は「赤」だった。
飾られた7作品のうち、最初の2枚が、大きくて、圧倒されてしまいました。
『マルタとマリアの家のキリスト』と『ディアナとニンフたち』。
服の赤い色が紅に近かったり、少し光を帯びて白んだりして、とても綺麗で心に残りました。

自分は絵の技術・技法的なことは一切わからないので、ただ、見たまま、感じたままを記憶にとどめました。

いつか『真珠の耳飾りの少女』を見ることができるのでしょうか。 見てみたいです。

関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。