Welcome to my blog

まめ日記*ichigo-ichie

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負荷のかけ方を間違えた?!

確かに「誘惑」のエントリで、新しい本を買おうかなと書きました。

確かに「もう少し負荷をかけてから直前にリラックスする」と書きました。

でも、本当にこれでよかったのか???

それはTOEICの神のみぞ知る、といったところでしょうか・・・



1日1分レッスン!新TOEICTest (祥伝社黄金文庫 な 7-5) (祥伝社黄金文庫 な 7-5)1日1分レッスン!新TOEICTest (祥伝社黄金文庫 な 7-5) (祥伝社黄金文庫 な 7-5)
(2007/10/11)
中村澄子



なんだかこの流れでは、まるでこの本が悪いように聞こえてしまいますが、決してそうではありません!
Part5、苦手だったけど、「出まくり英文法」と「直前模試」で少しだけ伸びた気がしたので、新たなチェック本を、と思って初めて中村先生の本を購入しました。

3回チャレンジ法で、今、2回目の途中2/3まで来ました。
2回目の正答率は86%くらい(カンなし)です。結構取りこぼしがあります。

また、2回目は回答した際、自分なりの解説(何故コレを選んだか)を残しています。
なので、「カン」は本当に「カン」って書いてあったりして(^_^;)
○×つけるときに、カンも×につけています。3周目は1,2周目でバツがついた問題だけ解いてみるつもりです。
困って笑っちゃうのは、堂々と「後置修飾で過去分詞!」と書いたのに、正解は「モノの使役で過去分詞がくる」とか、大間違いなものもあったということです。
これは3回チャレンジ法では見落としてしまうかも、な部分。
自信を持ったストラテジーが根本から違っているとは(^_^;)
いい勉強になります。ありがたいことです。

それで、今日はこの本に結構力を入れてやっていたので、赤信号と出まくり英文法の復習があまり進んでいません。
明日は赤信号dayにしよう。
それにしても、赤信号の最初のページ、ここまできたら、何をやって、何を捨てるか、は、今のアップアップで浮世離れしている私を現実に引き戻してくれました。
こちらもありがたいことです。
あと4日間、この方針に沿って進めたいと思います。

追伸:
土佐犬さんのブログを拝見して、AERA English 11月号に神崎先生と中村先生の対談が載っていることを知り、今日購入してきました♪
これから読んで、また元気になりたいと思います。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。