Welcome to my blog

まめ日記*ichigo-ichie

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャネットとクリスマス

ジャネットとクリスマス   Janet Seidel

10代の頃、ジャズは苦手だった。
だって音楽の先生にいわれたもの、「きちんと楽譜どおりに歌いなさい」って。
だから、あの自由気ままさが、なんか心臓に悪くて、聞き続けるのが苦しかったんだ。

・・・はや月日は流れて、いつの頃からかジャズも時々聞くようになりました。
やっぱり初心者にはボーカルのあるほうが入りやすいかな。

初めて聴くジャネット・サイデル。
彼女の歌声はきれいで、甘くて伸びやかで。やさしい音楽に包まれている気分になります。
特に一曲目の"I'll be Home for Christmas"は、ボサノヴァのテイストも入って何度でも聞きたくなってしまう心地よさ。
今の時期にぴったりの一枚です。

関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。