Welcome to my blog

まめ日記*ichigo-ichie

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Agony of Alice

The Agony of Alice (Alice Books)  by Phyllis Reynolds Naylor



Aliceはもうすぐ13歳、いよいよティーンエイジャーの仲間入りです。
でも一緒に暮らすお父さんとお兄さんには聞けないことも出てきました。
そんなある日、転校した先の学校でMiss Coleという美しく若い先生に出会います。
Cole先生のクラスに入れることを切望するAliceでしたが、残念ながらMrs.Plotkin先生が担任となってしまいます。
そのときAliceがとった行動は・・・



☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡



お母さんを早くに亡くし、同性のロールモデルが近くにいないAliceですが、初めて起こる色々な出来事に対して、ぶつかったり悩んだりしながら受け入れていく様子に思わず頑張れ、と応援したくなりました。
8-12才向けということで、英語は割と読みやすかったです。Animorphs, Heartlandより易しい気がしました。

関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。