まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

もう一日

For One More DayFor One More Day
(2007/09/06)
Mitch Albom

商品詳細を見る


読みやすいと評判のミッチ・アルボム。「モリー先生との火曜日」は日本語でさらさらっと読んだくらいでした。

この本は、元野球選手だったChickの目の前に死んだはずの母親が現れるところから始まります。
最初はあるはずのない光景にとまどうChick。

やがて一緒にいられるなら生きているか死んでいるかなんて、どうでもいい、ただ母親と共にいることを望むようになります。

そして思い出す過去。目の前の景色。遠いところからの声。

ストーリーはほぼ想像通りでしたが、後半に、お、と驚きの展開も。

そしてラスト。 ラスト4行が私にはとってもよくて、しみじみと読み返してしまいました。

YL5位。 一文が短いのと、章立てのいくつかは似たパターンになっていて読みやすくなると思われるので一つやさしめにシフトさせました。
ドラマチックというほどではないけれど、ドラマを読んでみたい方、ペーパーバックの入り口にお薦めです。
関連記事
【 2008/03/26 (Wed) 】 洋書:ペーパーバック | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
プロフィール

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: