まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

心の区切りをつけたなら

マイ・ブルーベリー・ナイツ

080322.jpg


原 題: My Blueberry Nights
監 督: ウォン・カーウァイ
脚 本: ウォン・カーウァイ, ローレンス・ブロック
出 演: ノラ・ジョーンズ, ジュード・ロウ, ナタリー・ポートマン, レイチェル・ワイズ,デヴィッド・ストラザーン
製作年: 2007年
製作国: フランス/香港/中国

軽い。薄い。浅い。でも、ちょっと切ない。
予定調和の世界だろうけど、あえてその予想を期待に変えて観て来ました。
自分の中で、ひとつ区切りをつけるために。

(ストーリー)
失恋したエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は彼氏が行きつけだったカフェに行き、そこのオーナーであるジェレミー(ジュード・ロウ)と知り合う。
その後も夜遅くに訪れるカフェではジェレミーと売れ残りのブルーベリーパイがエリザベスを癒してくれた。
それでも、心に区切りをつけるべく、エリザベスはニューヨークを離れ、当てのない旅にでる。

・・・ストーリーはこの先も割とわかりやすく、予想通りの展開でした。
そしてラストも。

それでも、今見たいと思ったんですよね。。。
なんだろ、ちょっと甘酸っぱい気持ちになりたかったのかな。
(やや意味不明(^_^;))

10代の頃に見ていたら、きっとジュード・ロウに恋していたと思う。うん(笑)
そういえば、かつてのブラピといい、このジュード・ロウといい、なぜちょっとムサい(失礼!)感じのほうが好感持てるのだろう。
美形だと、スッキリしているときはクールさが前に出てしまう気がするからなのかな。

そして、ウォン・カーウァイ。初めて彼の作品を見た・・・と思います。
薄暗い室内。光のにじむ映像。少しだけ、速度が人工的な動き。蒼と青と赤。
独特の映像だった。

商業的にはプロモ倒し(見掛け倒しのPV版?!)な気がしないでもありませんが、(極上のスイーツのようなラブストーリーとは思わなかった。)自分としては満足(・・・というか気が済んだ)。
気が向いたら、どうぞ。
関連記事
【 2008/03/22 (Sat) 】 映画・DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
プロフィール

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: