Welcome to my blog

まめ日記*ichigo-ichie

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どの世界に身を置くとしても

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
(2007/11/06)
梅田 望夫

商品詳細を見る


今年はITと金融リテラシーを(ごく基礎編でいいので)つけたい・・・などと思っている頃でしたので、本を見たときに、著者の大ヒット作「ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)」をすっ飛ばして手にした一冊。

本当はこのウェブ進化論とついになっているらしいですが(本書が完結編なので)、人それぞれ知りたいことを読み取るのには不都合はないと思います。

私はまず基礎の基礎から学びました。

「ウェブ2.0とは「ネット上の不特定多数の人々(や企業)を、受動的なサービス享受者ではなく能動的な表現者と認めて積極的に巻き込んでいくための技術やサービス開発姿勢」

「オープンソースとは、あるソフトウェアのソースコード(人が記述したプログラムそのもの)をネット上に無償で公開し、世界中の不特定多数の開発者が自由に参加できる環境を用意することで、そのソフトウェアをさらに開発していく方式のこと」



そしてなぜGoogleがすごいのかということ。
自分にとっては「タダで検索できるなんて便利だなあ」位に考えていましたが、あのよく出てくる『スポンサーサイト』にちゃんと意味があったんですね。。。

ここまで書いてみて、自分が本当に素人だということを改めて実感(^_^;)

自分にとって興味深かったのは、これからの「もうひとつの世界」との付き合い方です。
「もうひとつの世界」とはネット上に広がった空間のことなんだけど、今までと違って無数にも思える情報が飛び交っている中を、自分は何をつかみ、何を見送るのか。
そして今までのジャスト「専門家」と「一般層」との間の立場をとろうと思うのであればどうするのがいいか。

これからは志向性・自発性・能動性があらたなリーダーとなる(それ以外であっても)始まりなのだそうだ。

自分の好きなことを苦なく継続できる人になりたい。
というか、自分が好きなこと、やりたいことを早くきちんと自覚することが重要ですね。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。