まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

自分に向き合う心のゆとりがもう少しあれば

詩のこころを読む (岩波ジュニア新書)詩のこころを読む (岩波ジュニア新書)
(1979/01)
茨木 のり子

商品詳細を見る

久しぶりに詩とその解説が書かれた本を読みました。
というよりも、茨木のり子さんが気になって、手にとった本です。

今の自分を映してか、詩を落ち着いて味わうように読むことができなくて。
時間に追われているからか、言葉が紡ぎだす世界観に身を置くことが怖いからか。
十代の、思いつくままに言葉を書き溜めていた大学ノートと、その頃の自分を思い出すからか。

茨木のり子さんの言葉を読むうちに、これらの詩が生まれた時代があって、作者の生き様があって・・・と、ただそれだけを感じることができました。

もう少し、心にゆとりがもてたら。
関連記事
【 2008/02/14 (Thu) 】 和書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
プロフィール

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: