Welcome to my blog

まめ日記*ichigo-ichie

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我に問う

なぜ、あなたがリーダーなのか? (ADL経営イノベーションシリーズ)なぜ、あなたがリーダーなのか? (ADL経営イノベーションシリーズ)
(2007/10/24)
ロバート・ゴーフィー / ガレス・ジョーンズ

商品詳細を見る

この本は先日読んだ「最高のリーダー、マネージャーがいつも考えているたったひとつのこと」と異なり、「肩書きに関わらず、あらゆる人がリーダーだ」ということが前提に置かれています。

その上で、どうあることがリーダーとして必要なのかが述べられています。
構成がしっかりしているので、実例を読む時間のない方は見出し、小見出しを拾うだけで言いたいことがつかめるでしょう。

以前大ボスから借りた「ハーバード・ビジネス・レビュー」は難しくて消化しきれなかったけれど、この本(「ハーバード・・・」の最優秀論文から生まれたらしい)は、もう少し万人向けに書かれているからか読みやすく感じました。
(理解→実践度とは別ですが・・・(汗)

重要な点は、リーダーは

◆ 自分らしくあること
◆ 状況に適応できること
◆ 組織を変えていけること


・・・かな?(ちょっとはしょりすぎ?!)
この「自分らしくある」というところは、言うは易し、行うは難しですよね。
長所・短所含めての自分ですし、また人から受けるリーダーシップ評価に対して自分を見失わずにいられるかが試されたりもします。

でもこれは、リーダーだけでなくフォロワーとしても大切なことなのではないかな。
個人的にはお互いの個性(自分らしくあること)を認め合った上でこそチームとしてのシナジー効果がでると思っています。

今さっと本を見直していて、少し読み込みが足りないかもと思うのですが、ひとまずこれをエッセンスとして抽出しておきたいと思います。

今月、来月はリーダーシップの本を何冊か読もうと思っているので、その後でまた振り返ると論点がより客観的に、明確にわかるかもしれないと期待しています。

最後に、巻末についている付録がお薦めです。
自分がリーダーとしてふさわしいかどうか、どういうタイプのリーダーを目指すべきなのかが質問形式になっているので、それに答えていくうちに求めるものが明確になるように思います。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。