まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

フォトリーディング集中講座

あなたもいままでの10倍速く本が読める




ポール・R・シーリィ 神田 昌典
フォレスト出版 (2001/09/19)



先日、フォトリーディング集中講座に2日間、参加してきました。
動機は仕事で必要な本をもっと早く、たくさん読みたい!と思ったからです。
もちろん好きな小説やエッセイは自分の好きなペースで。


フォトリーディングは名前は知っていてなんとなく気にはなっていましたが、自腹で参加するには高額だし・・・と先送りにしていました。



そんな時、勝間さんの著書を読んで背中を押されました。
夏休みの予定変更で浮いたお金を元手に、園善博先生の講座に行ってきました。



感想は・・・



まずは先生に圧倒されました(^_^;) もちろん、いい意味でですよ。


そして、受講者の方たちとも楽しく演習をしたりしながら、ステップ・バイ・ステップでフォトリーディング・ホールマインドシステムの方法について教えていただきました。


はっきり言われたのは「このシステムでは読み方はお教えしますが、アウトプットについて教えているわけではありません。」ということ。
講座を受講したからといって、スイスイ読めて丸暗記の如く1から10までバンバン頭の中に入っているということではないようです。


このシステムはインプットが主なので(活性化という段階でマインドマップを描くことはしますが)、自分なりのアウトプットを行い続けることで、「あ!スラスラ出てくる!」という体験ができるようになるとのことです。


行ってみて、自分のイメージとしては、全体像を飲み込みながら、自分の目的に合致した言葉や興味のある言葉を記憶に引っ掛けておく感じ。あとでどのくらい取り出せるか、が肝心ですね。




また、途中で一度、普通に2分間読書をするのと、フォトリーディングを行った後2分間読書をすることとの印象の違いの有無を確認する演習がありました。
これは、人によって何かを感じる人もあれば、そうでもない人もいるとのことです。


私はフォトリーディング後の読書では、なんというか、後ろからぐっと押されている感じがしました。「そこはもうわかっているからもっと先へ行け!」みたいな。
・・・怪しい人かもしれません(-_-;)



それからもう一つ、本全体の中から目的にあった文章、あるいは項目の取捨選択意識が研ぎ澄まされた気がします。
大切な部分を集中的に、そうでない部分は思い切って読み飛ばす。



今までいくつかの本で書かれて知っていたけれど、自分自身躊躇していました。
金科玉条とまでは言わないけれど、特にハードカバーの本なんて、鎮座ましましていて、手に取ったら一ページずつ味わって読むべきものだという意識がどこかにあったので。



けれども今回時間を決めて目的を達成しようとすることで、取捨選択の意識が強くなってきました。



もちろん全体が大切な本は全て読んでいくと思いますが、単なる通読ではなくて、何度か小さな目的を設定しながら読み込んでいくことになると思います。



肝心のどれくらい記憶に残って、自分の口から出てくるようになるかという変化については今後の演習次第でしょうか。



嬉しいのは、これは”才能”ではなく”スキル”だということ。
コツコツ続けて量をこなしていくことでうまく使えるようになることを期待しています。



もし友人が「興味があるけれど迷っている」と言ったら、「お金と時間があればやってみたらいいよ」、と薦めると思います。
講師は園先生がいいですよ。チーフインストラクターですので背景知識も豊富ですし、ただ紙に書いてあることを説明されるだけではないので、受講者はたくさんのことが吸収できると思います。



園先生の公式サイト
今回の講座はラーニング・ソリューションズ(株)から申し込みました。



これからが楽しみだな~

関連記事
【 2007/09/11 (Tue) 】 つぶやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
プロフィール

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: