Welcome to my blog

まめ日記*ichigo-ichie

ARTICLE PAGE

男も女もつらいよ ~Speaking~

FCEテストにおいて5種類あるなかで最も苦手なパート・・・それは間違いなくSpeakingです。
英検準一級のときも泣きべそをかくくらいきつかったけど、今回は更に難しさを感じています。



☆一口メモ☆
Speaking (Paper 5), 14 minutes

The Speaking Test assesses your ability to interact in conversational English in a range of contexts. It contains four parts, including an interview section, individual long turns of about one minute, a collaborative task and a discussion. You are provided with stimulus
  material such as photographs and drawings. You will normally take the Speaking Test in pairs.











テストの流れについてもう少し詳しく書きますね。

一つの大きな特徴は2人、または3人で受験することです。

最初はインタビュー。受験者の確認とちょっとした質問(家族と一緒にいるとき何をして楽しみますか?テレビをみますか?どんな番組が好きですか?など)のやり取りがあります。




次にタスク1.二人のうち一人(Aさんとします)が2枚の写真を見比べながら1分間でそれらの類似点、相違点、および試験官からの質問に答えます。英検準一級のときと違うのは、考えることだけに集中できる時間が事前に与えられないところでしょうか。写真を見ている間も試験官の説明および指示、設問がつづき、直後からAさんは一分で全てを話しきります。

そのときパートナー(Bさん)は写真を一緒に見ています。1分間の解答が終了すると今度は試験官がBさんにそれら写真に関連した別の質問をします。それには20秒の解答時間が与えられます。
それが終わると今度は別の写真でBさんが1分、Aさんが20秒のタスクを行います。



次にタスク2.これはそのときによって色々あるようですが、たくさんの写真や絵を見ながら与えられたタスクに対しAさん、Bさん一緒にディスカッションし、解答を導き出していきます。
時間は3分なので、ディスカッションと言うよりはお互いに短い文章をポンポンだしあって最後に結論(候補から1つに絞る、とか)を決める、と言う感じです。



そして最後にこのタスク2に絡んで試験官から更に質問が出され、受験者がディスカッションするというものです(4分)。



・・・テストの流れを書いただけでおなか一杯ですね(^_^;)



さて、今私は英語学校でタスク1,2の練習を行っていますが、正直毎回落ち込むことの連続です。
私は以前から「スムーズに言葉が出てこない」というウィークポイントがありました。
これが、今回のタスクでは顕著に出てしまって、どうしたらいいか途方にくれることもしばしば。



一分間で説明するタスクではひどいときは最初の10秒近くを黙ってしまうことも。
そしてその後もとつとつとしか言葉が出てこないので、最後の質問に答えられないうちに時間が終わってしまいます。



これを解消するにはどうしたらいいでしょうかね・・・



とりあえず最近始めたのは
 ① 英検のときのようにしゃべったことをMP3に録音して後で聞きなおしてみる。
 ② 言いたいことを書き出して、直し、繰り返し音読する。



ことです。
最低限文法的な言い間違いを回避したいと思ってのことです。
与えられた命題に解答の主旨がそっているか・・・これはとても重要だと思うのですが、過去問などにも模範解答がないので、確かめるいい方法がありません。
今は自分で①②を練習して、英語学校の授業でそれを使ってみて先生からアドバイスをもらう感じです。
また、クラスメートの方々からいい表現を教えていただくこともしばしばです。



沈黙時間を減らすのがとても大変なんだけど、様々な着眼点で簡潔に表現したり、あいづち言葉も時折混ぜたりして、「ダメ感」を減らせたらいいなぁと思っています。



試験まであと3ヶ月。おまけに今年は面接試験が筆記試験より1週間近く早いので、最初に撃沈しないように、コツコツ続けていきたいと思います。

関連記事

0 Comments

Leave a comment