Welcome to my blog

まめ日記*ichigo-ichie

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり好きな映画

ノッティングヒルの恋人









ビバリーヒルズに住むハリウッドのスーパースター、アナ(ジュリア・ロバーツ)とノッティングヒルで旅行の専門書店を営むウィリアム(ヒュー・グラント)。
ある日偶然ウィリアムの本屋で出会い、アナに恋するウィリアム。
そんな二人に次々と出来事が起こって・・・



☆☆☆(この後はネタバレの内容を含みます)☆☆☆



たぶん今好きな映画を3本あげてといわれたら間違いなく選ぶ一本。
えー、っという声が聞こえそう・・・(^_^;)
でもいいんです、ハッピーエンド好きのロマンチック・コメディ好きなので(笑)。
(これはコメディではないけれどね。)



まずは主役の二人がよろしい。
ジュリア・ロバーツは綺麗だけど自然体だし、ヒュー・グラントはハンサムでユーモアもあって。
この作品でのヒューがあまりに好きだったので、ブリジット・ジョーンズではちょっと違和感を感じてしまったほど(汗)



そしてウィリアムの友人の面々がまたいいんですよね。同居しているスパイクはちょっとぶっ飛んでるけど、何が一番大切かを教えてくれる人。他の友人たちも、自分たちの格好悪いところをさらけ出せたり、互いを思っている様子がにじみ出ていて、いい関係だなぁと思いました。



ストーリーとしては現実的ではないだろう、と思うのですが、こういう夢を与えてくれる映画があってもいいんじゃないかな。
傷つけられるたびに、「ヒューよ、頑張れ!」と励ましたり。
アナはいきなりキスしちゃったり、かと思えばかくまってもらったのがばれたらキレてウィリアムにあたったりと、身勝手だなぁと思うこともありますが、勇気を振り絞って告白する場面では、スターの立場を離れて、繊細でかわいらしい一面が見られてよかったです。
アナも恋を成就させたいと願う一人の女性なのだと。



今まで10回以上見ているせいか、ごく簡単なフレーズは覚えてしまいました。
この勢いでブリティッシュアクセントが制覇できたらいいのにな♪

関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。