まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

[本] 本物の英語力

こんにちは、豆太です。
PCを買い替えて、ついにSkypeもカメラ付きで話してみましたが、思いのほかボディランゲージ頼りの自分がいました。
・・・普段からリアクションが大きいとよく言われます。納得。

本物の英語力 (講談社現代新書)

本物の英語力(講談社現代新書)
鳥飼 玖美子

本屋さんには『話すための英語力』の方が平積みになっていたのですが、それ以前にまず全体像かな、と思って『本物の英語力』を先に読んでみました。

内容で特に印象に残ったのが

これでわかるのは、構文を分析すればどんなに複雑な英文も意味が取れること、そのためには、文法力、そして語彙力と背景の知識が役立つということです。このセンテンスではselected, gainedという単語を知っていると理解が楽です。また、背景知識として、国連安保理事会の非常任理事国選出について多少なりとも知っていれば、ある程度の推測が可能です。(p69)


のくだり。
英検の過去問を解いた後や、ちょっと難しめの記事を読んだときって、「あぁもうだめだー」とか、「まぁ、こんなもんか」と、醒めてしまうこともあるのだけれど、もう少ししっかり取り組まないといけない。
単語を調べて、文構造を確認して。そしてそれ以外にも背景情報を知ること。先日の難民のニュースを英会話で扱った時も、日本では、海外ではどのくらいの難民を受け入れているのか、とか、そもそも「難民」の定義は、とか、日本語ででも知っていると、理解の深さが違う気がしたので、こうして書かれているのを読んで腹落ちしました。
(理想としては英語で情報収集、かもしれませんが。)

そしてちょっと意外だったのが、シャドーイングや音読は、コンテンツよりはスキル系のものとして、さほど高く評価していらっしゃらないように見受けられたこと。これらのスキルによる効果があまり検証されていないからですかね。。。

人それぞれ身につけるのに得意なスタイルってあると思います。自分は。。。なんだろ。

他にも、目新しいわけではないけれど、背中を押されるというか、やっぱりそうですよね、と思う記述があって、気持ちがすっきりしました。教材も、学習法も、アレコレ手を出しすぎてはいけないな、と。

さてまた頑張りますかね^^


今日もお付き合いいただきありがとうございました。
どうぞ良い一日を^^

関連記事
【 2017/03/05 (Sun) 】 和書 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
プロフィール

豆太

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: