まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

コミュニケーション

こんにちは、豆太です。
右往左往しているうちにだいぶ時間が経ってしまいました。
でも、元気にしているのでご安心ください^^

ちょっと今日は私的なひとりごとなど。negativeな仕事話なので、興味ない方はUターン、プリーズ、です。


****

仕事のことで、最近promotionするかしないかの話が持ち上がって、upper management 会議にかかったんです。
結局ダメだったんだけど、その時の内容を上司がfeedbackしてくれました。

業務は勿論一人で全部できるし、部門をまたぐプロジェクトを十分マネジメントできていることは皆認めている、と。
ただ、leadershipの話が上がった際、upper manegementの大ボスからは、そこがまだ物足りないとの話が出たと。
私の上司は「なにもグイグイ引っ張るだけがleadershipではない。豆太のいいところは他部門から不満をきいたことがない。早目に問題点を把握してつぶしていくことで結果としてプロジェクトが成功しているので、地味に見えるだけではないか」とフォローしてくれたそうです。
だけども大ボスとしてはそのやり方はピンと来なく、こうするぞ、と号令をかけてグイグイ引っ張っていくイメージらしい。他の小ボスたちも右へならえてきなこともあり、今回はpromotionは見送られたと。

私は「そうですよね、自分のやり方はleadershipとはちょっと違ってリードしているように見えないだろうし、地味なのでそうとられますよね」、と納得しました。

ただ、そのあと上司から言われたのは「こう言ってはなんだが、目立つことをやる、可愛いとかで目立つ、大ボスに気に入られる、飲ミュニケーション含め顔を売っているといいのかもしれない。。。」って。

最近同じ部署で昇格した女性がいたので、その人のことも引き合いに出されました。
仕事もできるけれど、大ボスたちともよく飲みに行くと。かわいいし親しげに話すから気に入られやすいんだよね、と。

最後に豆太も半年だけそっち方面もがんばってみるかと言われ、そうくるかぁ。。。って感じでした。


その方法自体は否定しないです。人は古来より可愛い人、綺麗な人に目が向くし、仕事・学力レベルが同じなら容姿がいい方を選ぶものだと思います。それぞれが得意な方法でキャリアアップして、人生を楽しんでいければいいと思います。

自分は人前に出ることは苦手で、オタクしてるほうが好きだしなぁ。
ただ、コミュニケーションという意味でいえば、今逃げてもまたいつか同じ壁にぶつかるんだろうなぁとは思うんですけどね。

それとpromotin自体は自分が望んだわけではなく、ぶっちゃけ上司のsuccession planに入ってるから、なんですよね。。。結局道具なのかな、サラリーマンは~なんて悲劇的なことは言わないですけど。


この件からは時間が経ったのだけれど、ふとした時に思いだしたりします。
父なんて、「飲み会強要するような会社なら辞めちまえ!」って言うてました。
いや、今辞めたら転職キツイっすよ。。。


なんだか答えの出ないことをとりとめもなく書いてしまいました。
読んでしまって気分を害した方がおられたら申しわけありません。


職場自体はそんなに悲惨なわけではなく、楽しく仕事しています。
今は新しいプロジェクトにかかりきりで、、、それも後からチームに参入したので、ひとまず中身を把握するのに必死です。
毎日結構残業しているけどまだ追い越せていない。
そして最近異動者が来て、そのトレーナーもしているのでやっぱり時間が足りないんです。
だからというわけではないですが、英語学習進んでいません。。。(←ただのいいわけ)


そんなこんなで日々いろいろありますが、元気にやっていきましょうね。
英検は1月は受けようかなと思っています。またTOEIC SWも。

これを読んで「豆太がんばれ」と思っていただけたら拍手ボタンを押していただけると本人喜びます。



今日もお立ち寄りいただき、その上長文にお付き合いいただきありがとうございました。
どうぞ素敵な一日をお過ごしください^^

関連記事
【 2016/10/22 (Sat) 】 つぶやき | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
プロフィール

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: