まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

[本] 『「福」に憑かれた男』

幾度となく読み返した本です。

(文庫)「福」に憑かれた男 (サンマーク文庫)
喜多川 泰
サンマーク出版
売り上げランキング: 113,514


一種の自己啓発本かもしれません。


☆☆☆☆☆

突然亡くなった父親に代わって書店経営を引き継いだ秀三。あれやこれやと、絶対成功して見せると意気込んでいたのだが、近くにコンビニができたり、大型書店がオープンしたりと、経営はジリ貧になっていきます。

実はそれを起こしたのは福の神「秀神」さま。秀三にとって良かれと思って秀神さまが仕掛けたことが裏目に出てしまうのですが、その後、先輩福の神に出会っていろいろ知恵を授かります。その中で、福の神がつく人の条件や、成功者の共通点などが語られていきます。

一番心に響いたのは『大切なのは目の前の一人の人生に興味を持つことだ。愛を持ってその人を見ることだ。』というフレーズです。
このところ、不特定多数に向かった仕事の仕方とか、適度な距離感のつもりの(逆にいえば一歩踏み込むことをしない)人との付き合い方がデフォルトになっていた気がしていたので、読み返すたびにハッとさせられます。
仕事や趣味、好きなことを通じて、たくさんの人を笑顔にしたいと思うけれど、結局目の前の一人が大切なんですよね。。。
明日も、頑張るぞ^^



今日もお立ち寄りいただきありがとうございました。
どうぞ良い一日を。


関連記事
【 2016/04/28 (Thu) 】 和書:小説・エッセイ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
プロフィール

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: