研究系記事の構成 

2012, 04. 03 (Tue) 23:58

今日は大変な暴風雨でしたね。 皆さん無事に帰宅されたでしょうか。


おかげさまで仕事では日々英語を使うのですが、そのほかではまだあまり英文のものに手が伸びず・・・なこの頃。
そんな時は興味のありそうな分野から記事を選び、「3分読み続けられれば後は捨ててもOK!」なスタンスでチラ読みしています。

今日はこちら。

How Getting Tipsy May Inspire Creativity

http://healthland.time.com/2012/03/22/how-getting-tipsy-may-inspire-creativity/

A new study finds that men who got moderately drunk on vodka cranberries did better on tests of inspired thinking.

とサブタイトルにあるように、研究報告の類ですね。 私にとっては気楽な分野。
なんで楽なのかなぁと思うのですが、内容そのもの(専門用語含めて)に馴染みがあるから、というよりも、いわゆる研究論文を的な構成に慣れているからかもしれません。

大まかな流れは
- Introduction
- Methods
- Results
- Discussion
- Conclusion

それがTIMEのような記事になると、イントロで”おっ”と思わせるフックがあって、方法はわかりやすい言葉で書き、結果は客観的に述べたうえでDiscussionで言いたいことと反証とバランス良くおさえる・・・・というような感じでしょうか。
序論、結論にエッセイ的モチーフを持ってくるところがおしゃれな感じ。(なにこの上から目線は。。。)

このスタイルを知っていると(結局は慣れだけどね)、知らない単語が出てきても辞書を引かずに「あぁだいたいこんなことを言っているな」とか推測できて、あまりストレスを感じずに記事を追い切れるのではないかなぁと思います。

本当はここから具体的に記事の内容を紹介できると良いのですが、眠くなってしまったのでまた今度。
え、決して読み切っていないからではありませんよ(爆)
*****

今日のサプリ☆

20120403_rajiru.jpg

NHKネットラジオのマスコットキャラ、らじるくん(ちゃん?)。
なんとなく可愛くて、アプリをDLしてみました^^

でも、『まいにちハングル』はビミョーにオンタイムで追えない時間帯なのだ・・・
実践ビジネス英語は明日から新年度放送開始。まだ間に合いますよ~^^

特に「何かを聞く」と決めているわけではないので、スマホの電池がもったら(←切実)ランダムに聞いてみようかな。
関連記事

コメント

白うさぎ

らじる君?!

ややや、スマートフォンがないと
アプリが楽しめないのか!ちぇ。

ラジオ番組をPCできけるのは、いいサービスですね。
さすが、みんなのNHK~

シマ &白うさぎ

2012/04/04 (Wed) 02:52 | 白うさぎ | 編集 | 返信

豆太

シマちゃん&白うさぎさん、

こんにちは!

あ、アプリはそうでしたね。。。^^;

> ラジオ番組をPCできけるのは、いいサービスですね。

そうそう、いくつかの民放はradikoでずっと前からネットで聞けるようになっていたので、NHKも頑張ってくれてよかったです。
どんどん便利になりますね~e-465

2012/04/04 (Wed) 22:34 | 豆太 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント