まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

[本] 「尊厳死」に尊厳はあるのか

「尊厳死」に尊厳はあるか―ある呼吸器外し事件から (岩波新書)「尊厳死」に尊厳はあるか―ある呼吸器外し事件から (岩波新書)
(2007/09/20)
中島 みち

商品詳細を見る


この間、英語のトピックに選んで、全然具体的な話ができなかったテーマ。
インターネットで調た内容も勿論使わせてもらうのですが、もう少し掘り下げられるといいかなと思い、本を探しに行きました。
総論的な本は骨太で、お値段も結構よいものが多いので、ひとまず手ごろな新書で、出版年が新しめの本書を選びました。
(最近の本の方が、制度そのものや、それを取り巻く世論の変遷がよりわかると思うので。)

本のうち、3分の2はある事件を丁寧に追ったルポタージュになっています。
残りはこの本が執筆されたころの、尊厳死の法制化をめぐるうごきと、制度と尊厳死に対する現場(医療界)の考え方とのギャップがつづられています(ハードとソフトみたいなものでしょうか)。
私の当初の目的としては、この後半部分がとても参考になりました。

ひとくちには語れない重いテーマ。そして、自分自身については結構考えがはっきりしているのだけれど、自分の大切な人がいつかその時を迎えたら、自分はどういう反応を示すのだろうかと思いを巡らせ、なんとも割り切れない気持ちが残りました。

みずから進んで考えようとはしないかもしれないだけに、こうして向き合う機会が持てて良かったです。

関連記事
【 2011/09/16 (Fri) 】 和書 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
プロフィール

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: