[本] 翼 

2011, 08. 31 (Wed) 20:55

翼 (テーマ競作小説「死様」)翼 (テーマ競作小説「死様」)
(2011/06/18)
白石一文

商品詳細を見る


今日はいきなりネタばれです。
☆☆☆☆☆☆☆☆

以前「私という運命について」から気になった一文を手元にメモしたのですが、今回のストーリーも発想の原点は同じなのかなと思いました。

今回は「運命の人にただ気づくだけではだめで、この人を「運命の人」と決断すること。」

どちらの作品においても、最終的には自分の意思・・・自分で背負うことを決め、受け入れることが重要なのだと言っているように感じました。

今の(正確には3.11前の)日本では、あまりに満たされた環境にいることが当たり前で、何かあってもこれは「他者から与えられたもの。自分が選んだものではない」と思う人が多いように思います。

私だけなのかもしれないけど。

でも、本当は自分の意思が重要。それによって責任感も芽生え、結果がどう出てもまっすぐ受け止められるようになるから。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント