まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

[本] Never Let Me Go

Never Let Me GoNever Let Me Go
(2010/02/25)
Kazuo Ishiguro

商品詳細を見る



200ページまでモヤモヤしながら読んだ後、しばらく中断して。
再開後、残り80ページを読んだのですが、モヤモヤは解消されませんでした…

いつか”ネタばれレクチャー”をお願いします(爆)

YL 6-7位、96,096語(SSS書評より)。(計 12,551,170語)
関連記事
【 2011/03/28 (Mon) 】 洋書:ペーパーバック | TB(-) | CM(3)
ありがとうございます
拍手コメントを下さいましてありがとうございます。
お返事を書きたいのに書けない自分がいて、コメント欄の大切さに今更ながら気づきました。
お言葉、ありがとうございます。

Aさん、
温かいコメントありがとうございました。はい、本の内容(理解度)と生活環境と様々なことが重なったまま読了してしまいました(^_^;)
いつか翻訳をそっと覗いてみようかな。。。そして彼の他の作品も読んでみようかな、と思いました。

Kさん、
コメントなるほどです、ありがとうございます。
いや、最後の最後まで読んだんですよ。。。でもモヤモヤーンな感じでした。やはり日本語版にトライしたほうがいいかもしれませんね。今、和書で読んでいない本が20冊以上本棚にあるので、ちょっと様子を見ながら検討してみます^^
【 2011/04/02 】 [ 編集 ]
モヤモヤモヤモヤで、途中でどーしよーかなー、って気分になりますよねー。
文体が静かなので、読み終わった瞬間も、そーかー・・・、って大きな揺れみたいなものは無かったんですが、
振り返ってじっくり考えると、設定は非現実的なんですけど、これって私達の人生そのものですよね~。
無くしたもの(人)が多い人ほど感じる部分が大きいかもしれませんね。
【 2011/04/03 】 [ 編集 ]
いつかまた
ぽめ奥様、
はい、以前教えていただいた通り、モヤモヤ~ンで割合静かな展開でした。
最後までたどり着いた時も「なんとなくこういう感じかな…」という具合の理解度で。
枠組みが本当に分かっているか少々微妙なんですよね(^_^;)
少しポッカリ穴があいた感じなので、いつか再読して今の気持ちと比べてみたいです。
【 2011/04/03 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
プロフィール

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: