まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
021234567891011121314151617181920212223242526272829303103

[本] The Time Traveler's Wife

The Time Traveler's WifeThe Time Traveler's Wife
(2004/05/29)
Audrey Niffenegger

商品詳細を見る


(ストーリー)
20歳のClareはある日図書館に出かける。欲しい本を探してもらおうと思ったところ受付の人が”DeTambleさんが手伝ってくれるわ”、と呼んでくれた男Henry。彼を見て言葉を失うClare。彼こそが運命の人。だけど彼はまったくClareのことを覚えている様子がなくて…


タイトルにもありますが、Henryはタイムトラベラーなのです。自分の意志で時と場所を選べず、過去と未来をさまよいます。
Clareとは運命的な出会い、そして再会を果たし恋に落ち結婚して…と話は進んでいくのですが、コメディチックに明るい感じではなくて、結構ウェットなところも多く、生身のヒリヒリ感を感じることもしばしば。
うーん、ここまで書くのか、と思う部分もあったのですが、それらの積み重ねが逆に「時間縛りの中の純愛」になっていくんでしょうかね。

タイムトラベラーものは読んだことがなかったので(たぶん)、こういう感想でいいのかちょっと微妙ではありますが、普通に楽しめるストーリーだと思います。

P.S. I Love Youよりは難しい単語多し。英検1級単語もボチボチ見かけます。

YL7位。155,255語。(SSS書評より)

*******

しばらく多読語数を数えていなかったので、久しぶりに通して計算してみました。
2003年に多読を始めてから12,256,534語。今年は66万語位でした。
2007年11月29日にHolesで1000万語を通過したので、その後3年で256万語重ねたことになります。
最近はPBを中心にだいぶゆっくりペースですが、それでもチリも積もれば… ですね。
嬉しいし、励みになります。

この後は数冊ティーンエイジャーが主役の本を読む予定。
サクサク進みますように。
関連記事
【 2010/11/28 (Sun) 】 洋書:ペーパーバック | TB(-) | CM(4)
こんばんは。私も今年の3月ぐらいにこの本を読みました。場面の展開が多いので、一気に読んだほうがわかりやすいかも知れません。賛否両論ありますが、私は心がきゅう~っとなりました。映画より断然原作のほうが面白いです。
【 2010/11/28 】 [ 編集 ]
これって(私の印象ですが)読む前のイメージと違って、かなり切ないお話ですよね。The Dead Zone的切なさというか。(極普通の男が、ある日能力を持ってしまったため運命に翻弄され、そして最後は....みたいな)

映画は見てないんですが、ラストが原作のままだったらちと悲しいというか。

私自身は甘ったるいのが好みではないので、あんまりニッコニッコで終わられると逆に腹が立ったりするんですけどね。
【 2010/11/29 】 [ 編集 ]
angelさん、
angelさん、こんばんは^^ 返信が遅くなり大変申し訳ありませんでした。
先日angelさんに"comrade"を教えていただいたこの本、無事読了しました。

>賛否両論ありますが、私は心がきゅう~っとなりました。
きゅう~、ですよね。。。本当。この本はあっけらかんとしたタイプではないですが、すれ違いや、人に言えないことが多くある分、一つの幸せを分かち合える時間が極上のものに感じられたり、その反動の苦しさもあったりで、なかなか貴重な疑似体験をさせてもらいました。

映画はだいぶ違うようですが、原作よりもハリウッド的なつくりになっているのかしら? 好きな女優さんが出ていてちょっと興味があったので、しばらく先になるかもしれませんが、いつか見比べてみたいです^^
【 2010/12/02 】 [ 編集 ]
ぽめ奥様さん、
ぽめ奥様、こんばんは! 返信が大変遅れて申し訳ありません。

はい、読む前のイメージとずいぶん違いましたね。。。 
Dead Zoneというのですね。( ..)φメモメモ。 超個人的感覚ですと、筒状の袋の両端をぎゅっと縛られた世界の中のストーリーで(意味不明 汗)、なかなか切なかったです。
勿論救いとなる部分もあったのですが・・・

>私自身は甘ったるいのが好みではないので、あんまりニッコニッコで終わられると逆に腹が立ったりするんですけどね。
ぽめ奥様のお好みテイストがよく伝わってきます^^ そして好みの本がシリーズ化されると嬉しいですよね。
私の場合、そうですね・・・やはり心の動きなど感情豊かな表現であってほしくて、ストーリー的には、途中切なくて最後前向きにほのぼの、あたりが好きです。
そんな本にたくさん巡り合いたいなぁと思います^^
【 2010/12/02 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
プロフィール

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: