Welcome to my blog

まめ日記*ichigo-ichie

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本] Letters for Emily

Letters for EmilyLetters for Emily
(2006/07/25)
Camron Wright

商品詳細を見る


老人Harryはアルツハイマーを患い、自分の記憶が途切れていくことに強い不安を感じています。
そして自分の死期が近いことを悟り、孫娘であるEmilyにメッセージを残すことにします。
それは単純ではなく、ウイットに富んだ方法で。
離婚調停中であるEmilyの両親のもとに、ある日ひとつの知らせがもたらされます。。。


ハリーが遺したメッセージに含蓄があり、とてもこころ温まるお話でした。
最後の箇所、私は違う展開を想像していたので、いい意味で裏切られてホロリとしました。

帯にはTOEIC600位の方対象、となっていました。(基本的に私はこういう分け方には賛成ではないのですが。)
単語は1級単語もボチボチたまに入っていますが、それを気にせず読み進められる方、詩の部分が良くわからなくてもグイグイ進んでいく力(意思)があればOK。
背景力(状況をイメージできる力)については、今回は家族ドラマなので大人はどなたでも大丈夫と思います。
ペーパーバックの入り口としてもお勧めの一冊。

YL5-6位(自分の感覚)、54,000語(Amazonより)。
関連記事

- 2 Comments

OJiM  

豆太さん、
こんにちは。

今回の記事を読んだ時、
自分の記憶の遠くの方で、
何かがひっかかるような気がしたんですよ。

それが最初は何だか分からなくて。。

もしかするとそのヒントはこの本にあるのかなと思い直して、途切れ行く記憶をたぐりよせてみたら・・・・。

そうだっ!
去年の年末オフでプレゼントで頂いた本だった^^;

そしてもう1つ思い出したのは、年始に立てた目標の1つが今年こそ洋書を1冊読み終える事だったのです(笑)

今年も残り3ヶ月。
この本にチャレンジしてみようかなと。

2010/10/02 (Sat) 14:49 | EDIT | REPLY |   

豆太  

OJiMさん、

OJiMさん、こんにちは。
記憶を蘇らせるのにもしお役にたっていたら嬉しいです^^

>年始に立てた目標の1つが今年こそ洋書を1冊読み終える事だった

おぉ~、年始に立てた誓いは是非かなえてくださいな(^0^)
こういうのもいいご縁かもしれません。
オフ会でもらわれた本でしたらなおさらですよね。(私は手塚治虫を堪能しました^^)

1冊目でなくても良いと思います、いつか是非。

2010/10/03 (Sun) 11:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。