まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

手帳を見直すこととセレンディピティと

記事に書いたかは定かではありませんが、このごろちょっとだけ感じていること。

Brilliant最近、願い事が叶いやすくなってるBrilliant

今年最初に立てた目標について、達成できたものもあるし、半期は過ぎちゃったけど7月末に見直そうかなぁと思っていました。
だけど最近フランクリン・プランナーは重過ぎて家においてきているしなぁ・・・手帳を見直さなくちゃ、って。

ちょうどそんな気持ちだったところに、今日のセミナー。

『理論から実践へ 人生戦略策定セミナー』
講師 勝間和代氏 (公認会計士、経済評論家)

キャンセル待ちだったのが手に入り、なのに今日は疲れていて行くかどうしようか迷っていたんですけど「行った方がいいですよ~!」というMさんの声に後押しされて、出席してきました。

感想は

『来て良かった!1年後にはきっと叶っているぞ!』  です(^_^)

本当に、行ってよかった。 Mさん、背中を押してくれてありがとう!

このセミナーは著作累計150万部突破記念3ということで、人生戦略を細かく砕いていくことで夢を実現させていく方法を演習を織り交ぜながら学ぶというものでした。
もちろん、それとまた別に勝間さん視点の仮説ー検証の実験(?)の場でもあります。

たくさんの有益なお話があったのですが、特に、その中で何度か出てきた『セレンディピティ』という言葉が、一番心に残りました。

小さなことでも少しずつ改善を続けていると、ある日突然の跳躍が偶然に起こるということだそうです。

英語の勉強を少しずつでもしていると、あるとき突然グッと上がったなとわかる、あの感覚に似ているのかもしれない。

それを勝間さんはご自身のチャボプロジェクトとスーダンの例を引き合いに、判りやすく話してくださいました。

私たちが日々経験していることも、やがては非連続的な大きなうねりとなって目の前に現れるのかもしれないね。
そのための種まきや良いことを感じ取る力をつけていきたいと思いました。

今起こることは最高のこと。

帰り道、「どうしてもっと若いときにこういう人にめぐり合わなかったんだろう・・今日来ていたたくさんの若者がうらやましい」と、一瞬思ってしまいました。

でも、きっと昔から誰かしらに会っていたんだよね。ただ、私のレベルが低くて、キャッチできなかった。
そう考えるとキャッチできる位置まで上がってこれたんだから、今、でよかったんですね^^

”三毒追放”、本気でいきますよ♪

そうそう、手帳も見直して、目標達成に向けて頑張るぞ

記念に頂いた裁断寸前の「インディでいこう!」、帰宅途中に一気に読んでしまいました。

インディでいこう!インディでいこう!
(2006/01/18)
ムギ(勝間 和代)


あ、これ!と思ったページをチェックして、帰宅後そこから気になった本を注文して。
よい記念品をありがとうございました。
【 2008/07/31 (Thu) 】 つぶやき | TB(0) | CM(0)

最後は人間力、か。

変人力―人と組織を動かす次世代型リーダーの条件変人力―人と組織を動かす次世代型リーダーの条件
(2007/12/07)
樋口 泰行

商品詳細を見る


しばらくぶりにビジネスっぽい本を読みました。
最近「こうすればデキる人間になれる!」とか「行動をかえられる!」みたいな本が辛くて、離れてた・・・

さて、この本ですが。
読んである意味呆然。
「ウチの状況に近いかも・・・やばいよ・・・」

ちょっとこれ以上は怖くて書けません(爆)

当たり障りのないところを紹介。

もと日本HP社長だった樋口さんが”再生ダイエー”の社長となり、リーダーシップを発揮しながら改革を進め、ある意味最終形を見る前に退任していった499日の間に、一体何がおこったのかが綴られています。

その「再生の泥沼」のなかで発揮したリーダーシップ力は大きくは3点あって
・現場力
・戦略力
・変人力

なのだそうです。

現場力は以前遠藤功さんの本でも紹介しましたが、「現場を知ってこそ改善改革のkey pointを見つけられ、力を伸ばしていける」というもの。
事件は現場で起きているから。
社長たるもの、クーラーのきいた社長室でのうのうとしている場合じゃないんです。
現場社員のモチベーションを上げることこそが重要。

戦略力はそのものズバリ。マクロな視点で戦略を描き、現場に落とし込んでゆくこと。樋口さんはHBS(ハーバードビジネススクール)のご出身ということですから、数多くのケーススタディを扱い、考え方にも長けていらっしゃることでしょう。

そして最後の変人力。 このような局面では調整型リーダーシップではなく、掲げた改革案を猛然とやりきる力が必要だと述べています。
例がガリレオと小泉元首相なんです。。。
自分がしようとしていることが変に見えたとしても、本当に変なのは多数の社員のほうだと。
また、考え方の多様性を持つためにはT字型人間になると良いとも言われています。
専門性は深く、その他の領域も浅くでも知っていること。

近頃は日本でもゼネラリストよりスペシャリスト育成に方向が変わってきていると思うのですが、それをやりきってしまうと、となりは何をする人ぞ、で狭ーい自分の箱庭の領域だけを見る視点しかできないんですよね。
もう一段、二段、高いところから全体を俯瞰できるようになるには確かに他のことも知っているほうがいいと思います。
(だから私のあの企画案を通してくれ~~~、なんちゃって。

全体としては、アプローチとして新しい!というものは特になかったのですが、実際にリーダーシップを発揮された一例として大変興味深かったですし、また、今後の参考にもなりそうなことがいくつかありました。

アツイ人間って、好きなんですよね。
【 2008/07/30 (Wed) 】 和書 | TB(0) | CM(0)

きっと『カツマニア』、ですね。

TOEIC受験が終わったとたん、英語以外のエントリを書き続ける私・・・
この継続性のなさが、今一歩突き抜けられない原因なのかも(汗)

まぁ、いいじゃないか。
何事もバランスが肝心(by かおり&直人)

080729.jpg

さてさて、今週号のAERA。「現代の肖像」に勝間和代さんが載っていました。

勝間さんといえばコンサル会社から独立されて以降、メディアへの露出が増えたためか”時の人”の感があります。
  勝間さんの公式ブログ⇒「私的なことがらを記録しよう!!

私が初めて彼女を知ったのは『耳から英語学習』の記事でした。
その後次々本を出版され、私も何冊も読み、参考にさせていただきました。
  『グーグル化』の感想文 以前書きました。

これだけ無駄なく、効率よくお仕事をされ、なおかつ3人もの子育てもされているのだから、私とは似ても似つかない方なのだろうなぁ・・・と思いながら。

『情熱大陸』のときとはまた違う雰囲気の文章で、よかったです。
子供時代からの様子が、限られた紙面の中で、丁寧に綴られている印象を受けました。
取材が、雑、じゃない。

そして、勝間さんほどの方であっても、体調が悪くなるほどの経験をされているのだと知り(過去に拝見した取材記事・番組ではあまり触れられていなかったような気がしました)、あたりまえですが、ロボットではなく、生身の人間なのだなぁと思いました。

・・・すいません、書きたいことがグチャグチャになってきた(苦笑)

勝間さんから頂いたものはたくさんあります。
最初はオーディブルを活用した英語学習。
それから年収10倍アップの勉強法や時間投資術。グーグル化のためのロジックやマインド。
あ、フォトリーディングもありました。昨年の収穫ベスト5に入るかも。

そしてなんといっても大きいのは

仕事を最大限効率化して収入を増やすことと、子供をもつこと。

これらは矛盾しないという事実。

そのために必要な考え方(論理的アプローチや気持ちの持ち方)を知ることができたことが宝物になりました。


明日から一つadd onされそうなお仕事があって。
組織変わって人が辞めた去年から、もう他に振る人がいないんだよね。仕方ないのだけれど。

でも、元気にやりますよ。 起こることは全て最高のこと(勝間さん的には『正しい』)だから。
まずは『Giveの5乗』からいこう。
【 2008/07/29 (Tue) 】 つぶやき | TB(0) | CM(0)

私は『いろいろ』だ。

わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書)わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書)
(2005/09/20)
西林 克彦



久しぶりに本の感想。
4月はアレだけ忙しかったのに10冊読めたのだけれど、今月は全然読めなかった。

自分は「波風立てないようにしよう」なタイプだと思う。
激しく議論することを好まないし、質問したいことがあっても、聞いて、多少とんちんかんと思われる答えを聞かされても、そこで「ありがとうございました」と引いてしまう。

「わかったつもり」を演じていた気がしたけれど、実は演じているのではなくて、ハナからそのものだったんだなぁ・・・ということに気づかせてくれた一冊。

日ごろ文章を読んでいるときに様々な「わかったつもり」に落ち着いてしまい、「特に質問ありません」と言ってしまうが、実は、わかっていないのだと。

この本の中では、どのようなときに「わかったつもり」が作られやすいのか、実際に文章を読み、解釈することで自らも気がつく形で述べられています。

私はこのなかでも特に「『いろいろ』というわかったつもり」に陥っているなぁと思いました。
一つ一つを具体的に読み込み→理解ができなくて、つい、「いろいろよくわかりました」なんて言っちゃってる。
そして全般論に落ち着かせてしまい、書き手の主張を殺してしまうこともある。

・・・いかんぜよ。

そこが本当にわかったものなのか、わかったつもりなのかを見極める方法として著者が奨めているのが

読んだ文章について、意識的に自分なりの「まとめ」をしてみること」 だそうです。

確かに、わかった気になっているけど実はわかっていないときって、感想文がほとんど書けないんですよね。
ありきたりの、「そんなの読まなくても書けるだろ~」ってツッコミが入りそうな程度の文章しか書けない。

勝間さんも奨めておられましたが、自分の言葉でアウトプットすることで本当にわかったことが定着していくんですよね。
その意味ではブログの貢献度は大きいかもしれません。

これからも書き続けられる力をつけよう。
【 2008/07/28 (Mon) 】 和書 | TB(0) | CM(2)

今週の記録(7/21-7/27)

時間は測りませんでしたが、TOEIC直前の1週間ということもあり、多読にあてる通勤時間も参考書学習に振り分けるという、私なりに頑張った週でした。

TOEIC:2時間1分 (・・・え?学習内容に入れちゃダメ?!)
多読:-P260
出まくり英文法:3周目第2章~4周目完走。ミニテスト、確認テストは3回以上実施。2回続けて間違えた問題は全て潰してから受験できたと思う(・・・多分)。
 音読メインでこなしていますが、少しずつついていくのが楽になってきているような気がします。
 ただ、少しでも気を抜くと文章のいいたいことがイメージとして作れなくなってしまうので、短時間集中x2,3コマ、という感じで進めています。
「直前模試」3回分:第1回模試-2回目の残りと復習。Part7の音読は効果大!の予感(Katsu先生、ありがとうございます)。
 個人的感触ですが、第140回公開テストでは、この模試の169-172【deceptive labeling】より難しい問題はなかったと思います。(ちなみにこの記事ではわからない単語が12個もありました(汗)
赤信号復習。CDを流してシャドウイング。前田先生のパートを聞き、自分なりのやり方を決める。
グレイズ・アナトミー シーズン3 第4,5話。
イジーの「本当にしたいこと」への気づきがよくわかります。

さて、明日からですが・・・
英検の学習も再開しようと思います。特に単語。
ここが20点近く取れるようになるまでは受験しても意味がないので、1級は来年の合格目指して頑張ろうかな。

あとは英語で説得できる力が欲しい。
論理構成自体は日本語でもできていない部分があるからもとから伸ばす必要あるし、上役相手だとどうも回りくどい表現になっちゃうし、助動詞連発で自分自身混乱しちゃうし(ダメじゃん)、うーん、ハードル高いっす。
【 2008/07/28 (Mon) 】 英語のこと  英語全般 | TB(0) | CM(0)

受験してきました

今日は第140回TOEIC公開テストを受験してきました。
みなさんお疲れ様でした!

初めての受験会場、初めての7月受験。
リスニングパートではクーラーを止められてしまうかも、と思っていましたが、スイッチを消されることなくテストは行われました。
ただし、ラジカセだったからか、音が聞き取りにくかったです。
普段一人で練習するときは、もしかしたら息つぎまで聞き取れるほど(?!)ボリュームを大きくしているので、練習方法を修正する必要があると思いました

試験の感触ですが、
時間については、前回受験(3月)では数問終わらずに時間切れだったのですが、今回は3分残して一応終わることができました。

リスニングは
Part1:またしても2つは確実に落としましたo
Part2:2つは聞き逃しました。。。
Part3:先読みアリ、頭の中で日本語変換あり、指差しあり、マークはチラッとつけるだけ、の『アリアリ』作戦で受験(爆)
セットで×かな(設問が読まれるときにようやく解答を考える、というくらい時間の余裕がなくなっていた)と思ったのが1つ。あとは、今日の「The Mutant Monster Beach Party Vol.4」を聞いていて、間違っていたことに気づいたのが数問。
Part4:いつもよりは解きやすかったです。出来具合も平年並みかな?もちろんポロポロ取りこぼしていますが。

リーディングは
Part5:やっぱり難しかった・・・ 8割くらいでしょうか? あ、でも「でまくり英文法」のおかげでShouldはためらうことなくピタッときましたよ♪
それと法則的なことから推測できたものもいくつかありました。(前置詞の後だから名詞がくる、など)。でもon displayは悩んだ末に変えてしまいましたが・・・(Part6だったかな?)

Part6:赤信号に従って最後に解きました。が思いのほか簡単でした。前回並みかな。
Part7:自分としてはいつもよりできたと思っていましたが、「The Mutant Monster Beach Party Vol.4」を聞くうちに「合っている」と思ったものが実は大間違いであることがわかりました。
それを知らなければ、いつまでも「もっとできたはずなのになんで点数が伸びないんだろう」なんて思っていたかもしれませんね。
このような放送をしていただけることに、感謝。

放送の中でも触れられていましたが、「出まくり英文法」、いいですね!
自分の混乱していた部分がすっきり整理されてきた気がします。
今回の試験は終わってしまったけれど、年内にまた受験すると思うので、毎日の音読は続けていきたいです。

それから、出版社コスモピアさんにぜひとも言いたいのは、

「この本のカバーで、写真は同じなんだけどタイトルの入っていないカバーを作ってください☆」 です(爆)

すごくキレイBrilliantというかおいしそうで、学習チックではないところが気に入っています。
カフェ勉するときなんて、わざと見えるようにして読むくらい(笑)
でも、通勤電車、それも立っているときにはちょっと恥ずかしくて、この上にさらにカバーをかけてしまうんですよね・・・

この写真で、著者の皆さんのお名前だけ英語で入っているとか、そんなオシャレバージョン3もあればいいのになぁ・・・とつくづく思います。
着せ替えケータイ、ならぬ着せ替え文法本。 どうでしょ。

・・・あ、直接コスモピアさんにリクエストを書けばいいのかな。。。


話が逸れてしまいましたが、何はともあれ、自分の力を出し切った一日でした。
受験された皆さんもそうであるよう願っています。
また明日から頑張りましょう♪
【 2008/07/27 (Sun) 】 英語のこと  TOEIC | TB(0) | CM(2)

約束と新たなスタートと

いよいよ明日はTOEIC試験日ですね。
みなさんがそれぞれのベストを尽くされるよう祈っています。

新TOEIC(R)テスト出まくり英文法(CD付)新TOEIC(R)テスト出まくり英文法(CD付)
(2008/02/07)
高橋 基治武藤 克彦



さて、今回はこの本を4周やろう、と決めて進めてきましたが、今日で4周走りきりました(^O^)/
2周目以降は音読を中心にして、声を出せないときは口パクのちょっと怪しい人でしたが(^_^;)

自分との約束が果たせて、良かった。

今回のTOEICは、『TOEICとむきあう』ことを決めて最初の試験。
3週間ほどでしたが、試験対策学習を今までで一番行ったと思います。
知らない単語や文法も一つずつ、繰り返しチェックして。
周囲からたくさん刺激を頂いて。
なかなか楽しい毎日でした。

結果がともなえば一番良いのでしょうが(笑)、これは乞うご期待、ということで・・・

明日は色々な意味で新たな幕開けとなりそうです。
【 2008/07/26 (Sat) 】 つぶやき | TB(0) | CM(4)

くっ

今日は一周走りきれませんでした。

皇居。

最近寝不足だからかな…

ちょっと悔しい。
【 2008/07/24 (Thu) 】 つぶやき | TB(0) | CM(0)

4日前

気がつけば試験まであと4日ですね。
今週は1日祝日があったので、曜日が変わるのが早い気がします。

新TOEICテスト「直前」模試3回分新TOEICテスト「直前」模試3回分
(2007/10/29)
ロバート・ヒルキ / ポール・ワーデン / ヒロ前田



さて、先日取り組み始めたこちら↑の模試。
一回分のみで本番へ突入となりそうです(爆)

でもいいんです。 復習が大切。

どうにか2回目まで終了しました。

  1回目 1回目
(勘なし)
 2回目 2回目
(勘なし)
 Part1 (10問)
 8 9
 Part2 (30問)
 29 21 2826 
 Part3(30問) 24 14 26 23
 Part4(30問) 21 16 2626 
 L total(100問)
 82 59 8982 
 Part5(40問) 3226  3328 
 Part6(12問) 9 8 10
 Part7(48問) 3424  4341 
 R total(100問)
 7558  8678 
 換算スコア(L/R) 475/385 345/305 495/455 475/405


おおぉ~

2回目には495/455まで上昇しました^^

満点近くまでは行けなかったけれど

リスニングのPart4は2回以上聞いたセット(3問ずつ)は半分近くありました。
聞いて、内容を把握したつもりになっても選択肢が選べなかったものも2,3問ありました。

文法は伸びず。
2回の正誤を見比べると、同じところを間違えています
そこだけ振り返ってやってみたら、うち2問は3回目も間違えました。
今日中に覚えます(キッパリ)。

Part7は、先日FUSION.2セミナーで教わったように、全体を1回音読してそのまま設問、選択肢に突入スタイルで復習してみました。
ただ、選択肢のところで1回で選びきれることは少なかったです~ 1回で落としこむのは難しい。
ここも一つのヤマかなBrilliantと思います。

3回目をやるかどうかはまだ決めていませんが、毎日しっかり復習したいと思います。
【 2008/07/23 (Wed) 】 英語のこと  TOEIC | TB(0) | CM(0)

『出まくり英文法』・私の場合

昨日のショックからまだ立ち直れていない・・・
勉強が手につかないっス・・・

というわけで、以前のエントリで「そのうち書く」と言っていた、『出まくり英文法』の学習について書きたいと思います。
*ただし、今も試行錯誤の段階です(汗)

新TOEIC(R)テスト出まくり英文法(CD付)新TOEIC(R)テスト出まくり英文法(CD付)
(2008/02/07)
高橋 基治武藤 克彦



基本的には先日のTBRでJay先生達がおっしゃっていたものに近いかもしれません・・・というか、真似させていただいていますね、私(^_^;)

ベースとなるのは私が一番衝撃(感銘)を受けた前田先生のブログの「疑問53 文法力を上げる方法とは」のエントリです。

その後HUMMERさんのブログにおじゃまして学習方法を教えていただいたり、FUSION.2での講義や当日Jay先生に直接お話させていただいたりで自分なりの使い方を考えるようになりました。

まず最初に
1.各文章の意味をきちんと理解します。
意味の区切りと思われるところでスラッシュをいれ(線は引かなかったです)、頭から意味を取れるようにします。返り読みはせずに。 

本に載せられている訳は概してこなれていますので、知らない単語が見つかったら、訳文のそれに対応する箇所にチェックを入れるのではなく、辞書で調べ、構造を確認して訳に落とし込む感じです。

この時点ではCDはさらっと1回流す程度。発音できない単語がある文章は聞き返します。

2.そのページのテーマにあたる「見出し語」(太文字で記載)に暗記チェック用マーカーを引きます。
 シートをかぶせたとき、ここがいわゆる「空欄」になるようにします。

3.マーカーを引いた後、脇に以下の2パターンの好きなほうで『ヒント』を作ります。
理由は、私の場合「空欄」だけでは、そこに入る語を推測できない場合が殆どだったからです。(できるのはコロケーションが強く自分の中で認識できる語句だけ。1割なかったと思いますが、そこだけは「ノーヒント」で勝負です(笑))
 
 ヒントAタイプ:語形を変えて記しておく
 この際あくまでも選択肢を装うように(A)○○、と書きました。 ただ単語だけを書いておくと、それが正解だと思い込んで覚えてしまいそうだったので(汗)

 ヒントBタイプ:単語の最初の1文字を記しておく
 副詞を入れたい問題のときなどに使っていました。

4.シートをかぶせずに音読やシャドウイング、シートをかぶせてミニテスト風にしてチャレンジです。
 音読、シャドウイングのときはCDを使用しました。 音読ではテキストを見ながらぴったりかぶさるように発音します。
 シャドウイングのときはイヤホンは片耳外して行っています。(両耳ふさいでいると自分がなにを言っているのかがすぐにわからなくなりアワアワ・・・となってしまいます。)

 シートをかぶせてミニテスト風との時はCDを使っていません。 読み上げスピードと同じ速さで解ければ多分1分に6問程とける(Part5 40問なら7分?!)はずですが、これは私にはありえないのでチャレンジしていません。
 空欄の前で一瞬音を止めて考える、と言うのはいいかもしれませんね。

 今日までにできたのは1,2,3と4の音読/シャドウイング2周、ミニテスト風1周です。

この使い方の弱点は「ミニテスト風」のバリエーションに限界があることです。
ヒントAの選択肢を語形変化ではなく語彙違いも作りたかったのですが、以下の点が障害となり、できませんでした。

①TOEIC出題傾向分析ができていないため、どのようなダミー選択肢が適切なのかわからないこと
②自分の発想経路に限りがあり、同じ思考パターンに陥るため選択肢に広がりができないこと

Jay先生、このあたりを含めてフォローweb pageを作っていただけたらありがたいな、と思っております(願)

見出し語についての学習だけでいっぱいになってしまいましたが、もうひとつは重要単語・表現のチェックもあります。結構知らない単語に出会いました。
こちらは下線を引いておくくらいで特別な勉強ができませんでした。

これに慣れたらヒントを消した状態でまた回して、100%理解できるくらいまで使い込みたいです。
完全に今週のTOEICのことは忘れています(笑) あと2,3か月欲しいところです(爆)

学習者が10人いらっしゃれば10通りの学習法があるかと思います。
「これ、いいよ!」と言うものがありましたら是非教えてください。

追伸:この方法をおこなってからの受験は今度が最初ですので、果たして方法論としてOKかどうかは検証できていません(苦笑) 
なので話半分で読んでくださいね~ (←結局結論はココ?)
【 2008/07/22 (Tue) 】 英語のこと  TOEIC | TB(0) | CM(0)
ブログ内検索
プロフィール

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: