まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

また会う日まで

A Tale of Two Cities (Penguin Classics)



いつかは読んでみたいと思っていたディケンズの原書。
ずっと本棚で眠っていたのですが、思い切ってチャレンジしてみました。
この本は以前にOBW、PGRで読んだことがありますが、和書では読んでいませんでした。





さて、結果は、半分(200ページ)を過ぎたところでダウン。投げてしまいました。
「ここまでよくやった」と言う気持ちと、「うーん、残念」という気持ちと。



理解度は30-40%位かな。「The Golden Compass」よりはわかった気がするけれど、これはGRで読んだときの記憶の名残かもしれません。



ひとまずどんどん飛ばして読めたこと、いくつかのシーン(裁判とか結婚の申し込みとか)は大体わかったこと、同じ単語を繰り返し用いて畳み掛けるようなリズムによる表現を楽しめたこと、がよかったことです。



逆に、単語が難しい(語彙レベル1万語以上のものも結構ある気がした)ので文章を解読することに懸命になるあまり全体像が見えなくなってしまう(木を見て森を見ず)うちに、一日に読める量が少なくなり、丁度忙しい日が続いたために最後は手を出すのがおっくうになってしまいました。



これをクリアするのはどうしたらいいのかな・・・私の感覚では「単語レベル」なんですね。
それも、しょっちゅうは出会わない単語だけれどやはり知っていた方がいいのかなぁと言う感じがしました。



それとも、どうなんだろう、こう考えること自体が多読の原則を踏み外して、学校英語の世界に舞い戻ってしまった象徴なのだろうか。
ちなみに次に読み始めた本(レベル4位)も、結構意味を考えながらゆっくり読んでしまうんですね(文章を返り読みすることはありませんが)。



自分の中のジレンマかも。



と言うわけで、しばらくまた本棚にお帰りいただいています。



もう少しパワーアップしたら、また会おうね。


【 2007/03/31 (Sat) 】 洋書:ペーパーバック | TB(0) | CM(0)

金返せ~

ルイーズに訪れた恋は…









いやぁ~、まいった! 見終わった瞬間



「金返せ~!!」



と叫んだ作品(^_^;)



*****(このあとはネタバレを含みます)*****

【 2007/03/29 (Thu) 】 映画・DVD | TB(0) | CM(0)

夢を追いかけて

キンキーブーツ




監督:     ジュリアン・ジャロルド
出演:ジョエル・エドガートン 、キウェテル・イジョフォー 、
   サラ=ジェーン・ポッツ 、ジェミマ・ルーパー 、
   リンダ・バセット 、ニック・フロスト
製作年度:2005年 / イギリス



婚約者とロンドンに移り住むはずが父親の急死によりノーサンプトンの靴工場を継ぐことになったチャーリー。
工場は多数の在庫を抱え倒産寸前。就任早々15人もの解雇通告をしなくてはならず気がめいる一方、生き残りをかけて早急に対応策を取らなくてはならなかった。
そこで彼が思い出したものとは・・・



*****(このあとはネタバレを含みます)*****

【 2007/03/24 (Sat) 】 映画・DVD | TB(0) | CM(0)

心を亡くすまえに

もしも昨日が選べたら




監督: フランク・コラチ
出演: アダム・サンドラー 、ケイト・ベッキンセイル 、
    クリストファー・ウォーケン 、デヴィッド・ハッセルホフ 、
    ヘンリー・ウィンクラー 、ジュリー・カヴナー
製作年度: 2006年 / アメリカ





誰でも嫌なこと、辛いことは経験したくないし、面倒くさいことからは逃げ出したい。
うまくいっている時間だけを見つめて、いい気分を味わいたい。
だからもし時間を自由に操れるリモコンがあったら頼ってしまうのも無理はない。
その代償を知るまでは・・・



*****(この先はネタばれありです)*****

【 2007/03/21 (Wed) 】 映画・DVD | TB(0) | CM(0)

男も女もつらいよ ~Speaking~

FCEテストにおいて5種類あるなかで最も苦手なパート・・・それは間違いなくSpeakingです。
英検準一級のときも泣きべそをかくくらいきつかったけど、今回は更に難しさを感じています。



☆一口メモ☆
Speaking (Paper 5), 14 minutes

The Speaking Test assesses your ability to interact in conversational English in a range of contexts. It contains four parts, including an interview section, individual long turns of about one minute, a collaborative task and a discussion. You are provided with stimulus
  material such as photographs and drawings. You will normally take the Speaking Test in pairs.











テストの流れについてもう少し詳しく書きますね。

それでも愛と呼べるのか

トーク・トゥ・ハー スタンダード・エディション




監督:ペドロ・アルモドバル
出演:ハビエル・カマラ 、ダリオ・グランディネッティ 、
    レオノール・ワトリング 、ロサリオ・フローレス 、
    ジェラルディン・チャップリン 、パス・ベガ、ピナ・バウシュ
製作年度:2002年 113分/スペイン



重い、静かな映画。
観終わったときに何を感じればいいのかわからなかった。
いや、そんなdutyはないんだけどね。



****(この後はネタばれを含みます)****

【 2007/03/17 (Sat) 】 映画・DVD | TB(0) | CM(0)

Trouble at Camp Treehouse (Nancy Drew Notebooks #7)






Carolyn Keene Anthony Accardo
Aladdin Paperbacks (1995/07/01)


パンダ読みをしたいときによく選ぶシリーズです。
今回はキャンプに出かけたNancyが同じキャビンにいるLaurenのカメラが盗まれるという事件に遭遇。謎解きが始まります。

レベルがやさしいと読むスピードも早いかというと、私の場合そうでもありません。
文字が大きいぶん一目で入ってくる量が少ないのと、一文ずつの脳内音読が強く出ている感じがします。



【 2007/03/15 (Thu) 】 洋書 | TB(0) | CM(0)

喋りたい

なんでだろう。
英語を話せない。



英語学習、自分のストラテジーにはあっていた。
とにかく目一杯までインプットしてテストの点を上げて、それから出来ないところを補おうと。おそらく今、その「出来ない壁」にぶち当たり続けている。
インプットはまだ十分ではないのに。



予想通り、世間の先入観、辛口コメントはあった。
「あの人は○点取ったからぺらぺらなんでしょう」
「たまにいるよね~点数の割りに喋れない人」 ・・・・アタシだよ(^_^;)



たぶん日本語でもあまり喋らないから、英語でもそうなんだと思う。
昔英会話の先生に言われた
「喋らないのは喋りたいことがないってことなんだから、そのままでいいんだよ」
何回もこだまして。
やすらぎという名の逃げ口上なのか。



が、しかし。
スピーキングテストで沈黙とstruggleを披露するわけにはいかず。
特にケンブリッジ英検ではパートナーがいるし。
何らかの手を打たねば。



まずは1分間スピーチでも始めてみて。
nativeの小学生たちがする"Show & Tell"みたいに。
1日1回でもやっていれば少しはstruggleが取れてくるか。



うだうだ考えずひたすらに、走れ。

【 2007/03/11 (Sun) 】 英語のこと  英語全般 | TB(0) | CM(0)

興味がなくちゃ、ね。

The Prisoner of Zenda (Peguin Reading Lab, Level 5)




Anthony Hope George F. Wear
Prentice Hall College Div



投げてしまった~(^_^;)



以前この本をOBWで読んだのですが、面白い印象ではありませんでした。



今回ケンブリッジ英検対策として、過去問で読むべき図書リストにあがっていたこの本のGR(ペンギン版)を手にとってみたのですが・・・



数ページも続かず、ダウン。



ストーリーに興味がわかなかったからか、GRに少々飽きてしまったからか。
あるいはオリジナルにチャレンジしていたら、もう少し違う結果だったかもしれませんが・・・



多読の原則である「読み続けられるものを、たくさん」の大切さを改めて認識しました。

【 2007/03/07 (Wed) 】 洋書 | TB(0) | CM(0)

Hoot

Hoot




著者:Carl Hiaasen
出版社:Alfred a Knopf (2004/05)



Royはある日スクールバスの窓から通りを駆け抜ける少年を見かけます。
スクールバスに乗ろうとしているのかと思うと、彼は本も持たず、裸足で全力疾走してバスとは違う方向へ走っていってしまいました。
ある日少年が気になり、後を追いかけて走るRoy.見失った場所はもうすぐパンケーキ屋さんがオープンする予定地でした。
彼がそこで見たものは・・・



*******(この後はネタばれを含みます)*******

【 2007/03/02 (Fri) 】 洋書 | TB(0) | CM(0)
ブログ内検索
プロフィール

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: