まめ日記*ichigo-ichie

一期一会を大切に、日々出会った人やモノ、 ふと気になったことなどを気ままに綴っています。
021234567891011121314151617181920212223242526272829303103

アリス・イン・ワンダーランド

アリス・イン・ワンダーランド

20100517.jpg監督 ティム・バートン
原作 ルイス・キャロル
脚本 リンダ・ウールヴァートン
出演 ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ、クリスピン・グローヴァー
製作年 2010年 / 米



子供のころに読んだ「不思議の国のアリス」。
ティム・バートン監督が描くとどんなふうになるのか、楽しみにしていました。
そしてジョニー・デップの帽子屋さんも。

(原作を読んでいる方にはどこを書いてもネタばれ?っぽいので、以下ご注意を・・・)
【 2010/06/05 (Sat) 】 映画・DVD | TB(-) | CM(6)

『シャーロック・ホームズ』

20100312.jpg シャーロック・ホームズ
監督 ガイ・リッチー
脚本 マイケル・ロバート・ジョンソン 、アンソニー・ペッカム 、
   サイモン・キンバーグ
出演 ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、
   マーク・ストロング、ケリー・ライリー、エディ・マーサン
製作年度: 2009年

特に何の先入観も(期待も)持たず、見てきました。
ジュード・ロウがでてきて少し経ってからおおっ、と、やっと気付いたくらい。

小学生のころ読んだシャーロック・ホームズとは随分イメージが違うような。
もっと、マントにハンチングでパイプをくゆらすイメージだったので(これも随分間違っているとは思うが…)
鋭い観察眼と判断力はさすが!そして野性味がプラスされたホームズ。
イメージよりもかっこよさ+++位です(爆)

そしてワトソン君のアシストもさすが!な感じでした^^

ストーリー自体は多少のミステリー要素はあるものの、敵に近付いていくさまを華麗なアクションで縁取ったエンタメ系ムービーに仕上がっているのではないでしょうか。

この世界観、日本映画ででもできそうな気がするなぁ・・・

そして、アイリーンを見た時に、あぁ、この人、アレに出ていたよなぁ。。。としばし記憶を手繰るのに集中してしまった(^_^;)
そうです、『しあわせのポートレート』でエイミーを演じていた彼女だったんですね。
なんと彼女は「きみに読む物語」や「きみがぼくを見つけた日」で主演しているではないですか!!
これからも楽しみです。


【 2010/03/26 (Fri) 】 映画・DVD | TB(-) | CM(6)

THIS IS IT

いやぁ、観て良かったです。 劇場で、終わった後拍手が出たのは・・・いつ以来だろう。
(たぶんファンのグループの方がいらしたこともあると思いますが)。

エンドロールが上がっても、席は立たないで、最後まで味わってくださいね。

THIS IS IT

michaeljacksonthisisit_msn_buddy.jpg



特別なMJファンではありませんが、洋楽好きなら、MJ聴いて育った世代なら、観て損はないと思います。

ロンドン公演のリハーサル風景。オーディションで選ばれたダンサーたちや振付師、ミュージシャンたちの言葉。
そしてMJの音楽に、完璧なパフォーマンスにかける想い。

いやぁ、凄いなぁ。すごい。 
観客が求めるもののさらに上を追求する人はこだわりが半端ではなく。
でもそれは周囲から敬意をもって受け入れられて。
本人の人柄もあるんだろうな。

(この後はネタばれっぽいので、追記に入れておきます)

【 2009/11/02 (Mon) 】 映画・DVD | TB(-) | CM(4)

「私の中のあなた」

しばらく記録を残していなかったので。

私の中のあなた
20091010.jpg


以前本屋さんで「この本がとても気になるんですよ~。でも、PB読み終える前に映画が公開になってしまうだろうから微妙なんですよね・・・」と言っていましたが、早くもスタートしました。

白血病の姉を救うため、人工授精で生まれた妹。誕生時の臍帯血に始まり、幾度かの採血、そして副作用。 
11歳になった妹はある日『勝率90%』を誇る弁護士のもとを訪れる。
姉への骨髄提供や腎移植を拒み、自分で自分の体を守る、ために。


妹が訴訟を起こした本当の理由が何か、というところをメインにPRしようとしていたのかもしれませんが、そこよりも、家族それぞれの事情、気持ちのすれ違いや本当の思いやりが交差する様子がなかなか良かったです。

きっと泣くだろうと心の準備はしていたので、つらいところは最小限にこらえつつも、
不意打ちの一瞬にはやられました。 
ただ美しくて、ただ愛おしいシーンでした。

「リトル・ミス・サンシャイン」から応援しているアビゲイルちゃんですが、これからどんなティーンエイジャーを演じていくのか、楽しみです。
【 2009/10/21 (Wed) 】 映画・DVD | TB(-) | CM(2)

「愛を読むひと」

20090701.jpg愛を読むひと
原題 The Reader
原作 ベルンハルト・シュリンク
監督 スティーヴン・ダルドリー
脚本 デヴィッド・ヘア
出演 ケイト・ウィンスレット,レイフ・ファインズ,
    デヴィッド・クロス, ブルーノ・ガンツ 他
製作年 2008年
製作国 アメリカ ドイツ


しばらく前に見たのだけれど、どう定義づけたらいいのか難しかった・・・というのが第一声。
人それぞれに何を思うか、意見は分かれるのが常だとしても、この内容にこのタイトル、そしてドイツ語ではなく英語の映画…。
考えさせられました。

(このあとはネタばれです)
【 2009/07/19 (Sun) 】 映画・DVD | TB(0) | CM(2)

ひと夏の恋、だけど

20090630.jpgそれでも恋するバルセロナ

原題:Vicky Cristina Barcelona
脚本・監督:ウディ・アレン
出演:ハビエル・バルデム、パトリシア・クラークソン、
ペネロペ・クルス、 ケヴィン・ダン、
スカーレット・ヨハンソン、クリス・メッシーナ、
レベッカ・ホール
2008年 アメリカ/スペイン


前回の『タロット・カード殺人事件』が結構好みだったので、観に行ったのですが・・・
自分的には、ちょっと理屈っぽかったかも。
まぁ、ひと夏の出来事が残したものは・・・と言ったところでしょうか。

・・・新作映画のレビューを書くのは久しぶりだなぁ~
これも環境が変わったせいなのかな。
ま、好きなこと楽しもう>自分。
【 2009/07/01 (Wed) 】 映画・DVD | TB(0) | CM(4)

ウェディング・シンガー

ウェディング・シンガー ~特別編集版~ [Blu-ray]ウェディング・シンガー ~特別編集版~ [Blu-ray]
(2009/05/13)
アダム・サンドラードリュー・バリモア

商品詳細を見る


ドリュー・バリモアは好きな女優さんのうちの一人。
かくかくしかじかから立ち直ったあとは『チャーリーズ・エンジェル』で再ブレイクしたと思う方も多いかもしれませんが、個人的にはこれの方がブレイクしました^^
ドリューのキュートでひたむきな感じがよく出ていると思います。
(上記はブルーレイでこれから発売です)

音楽も時代設定も懐かしいですね。
ほのぼのしたい時に。
【 2009/05/06 (Wed) 】 映画・DVD | TB(0) | CM(0)

うれしい!

080915.jpg

「おくりびと」が第81回アカデミー賞の外国語映画賞を見事獲得しました!

映画好きとしては、とてもとても嬉しいニュースでした。
昨年の9月に見た時もいい映画だと思っていたので、世界に(というかアカデミー協会会員に)認められてよかったと思います。(その時の感想はコチラ)。

言葉も国境も超えて多くの人に日本映画が受け入れられたのはとてもうれしいです。
武士ものだけじゃない、クロサワだけじゃない日本映画が認めてもらえてうれしいです。

それから授賞式前後の様子を少しテレビで見ましたが、本木さんが、外国メディアのインタビューに対して極力英語で答えていたのが、あっぱれ、でした。
かっこよすぎる。

最後に、「つみきのいえ」が短編アニメーション賞に選ばれました。
おめでとうございます!12分間のストーリー、見てみたいです。
【 2009/02/24 (Tue) 】 映画・DVD | TB(0) | CM(6)

おくりびと

080915.jpgおくりびと
監督  滝田洋二郎
脚本  小山薫堂
出演  本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、杉本哲太、峰岸徹、山田辰夫、橘ユキコ、山崎努
製作年 2008年
製作国 日本

クスッと笑えて、ジーンときたあとに、自分にとってのこの映画の主題を考えさせられる、いい映画でした。

邦画を映画館で見ることはあまりないのだけれど、今回は他のお客さんたちと空気を共有できたことが、とてもよかったです。

ストーリーは、オーケストラのチェロ奏者だった大悟(本木雅弘)が、楽団解散で職を失い、妻の美香(広末涼子)とともに山形に帰るところから始まります。
山形で職探しをする大悟がひょんなことからはじめることになったのが、ご遺体を棺におさめる『納棺師』。そこで様々な『死』と、それを取り巻く『生』とを見つめていきます。

家族や周囲の理解。自分自身の壁。
展開は重々しいほどではなく、けれど簡単に割り切れるほどの明るさでもなかった。

ラストは100%読めたけど(いやですね、大人になるって・・・)、わかっていながら涙しました。
涙腺弱ってた。
自分の経験に重ね合わせて。

本木さんの体温低めでリアクションがゆっくり目の役がとても上手でした。
山さんは、キャラにピッタリな感じがしました。

地味だけど、日本でも、海外でも、理解してもらえたらいいなと思いました。

【 2008/09/16 (Tue) 】 映画・DVD | TB(0) | CM(2)

前向きに生きられるなら

ベガスの恋に勝つルール

20080831.jpg原題  What Happens in Vegas
監督  トム・ヴォーン
脚本  デイナ・フォックス
出演  キャメロン・ディアス, アシュトン・カッチャー, ロブ・コードリー, トリート・ウィリアムズ, クイーン・ラティファ, ミシェル・クルージ, レイク・ベル, デニス・ミラー, ジェイソン・サダイキス, ディードル・オコンネル, デニス・ファリナ, ザック・ガリフィアナキス
製作年 2008年
製作国 アメリカ


婚約者のサプライズ・バースデーパーティを計画したのにゲストの目の前で振られてしまったジョイ(キャメロン・ディアス)と、父親の経営する工場を解雇されてしまったジャック(アシュトン・カッチャー)。
そんな二人がラスベガスで出会って、一晩たったら夫婦になってた?!
婚姻を無効にしようと話し合った途端、今度はジャックポットに大当たりして、事態は複雑に・・・

☆☆☆☆☆

ありえないはじまり、ありえない展開ではありますが、ハリウッド映画ですし、まぁいいでしょう^^

相方の前で『素』でいられるのって、重要ですよね。
(あまりに『素』過ぎても問題はあるが・・・(^_^;))

キャメロンとアシュトンって、結構歳が違うように感じたんだけど、そうでもないのかな?

元気が出てくる楽しい作品。

あ!タイトルロールが上がってきても、席を立たないでくださいね。
”What happens in Vegas" が更にわかります。
やっぱり原題のほうがいいよなぁ~
【 2008/09/01 (Mon) 】 映画・DVD | TB(0) | CM(2)
ブログ内検索
プロフィール

Author:豆太
本を読むこと、映画を見ること、空を見上げてのんびりすることが好きです。

月別アーカイブ
QRコード
QR
豆太への連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文: