上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五月晴れの空。
スポンサーサイト
4月も終盤。新緑が似合う季節ですね。

さて、今日もまたハングル講座をやりながらふと思ったことなどつらつらと。

自分はラジオ講座では最初「耳で聞く音」に重点を置くようにしているのですが、少しずつ「目で見る文字と音」との付け合わせも意識するようになりました。
そして音の変化の規則なども。・・・これ、ハングルでは結構あるんですね。日本語では体系だてて学んだことがないので(国語の授業であったかもしれないがとうに忘れている)、ハングルの規則が多いのか少ないのかはわからないんですけど。。。

それでね、「目で読む」ことと「耳で読む」ことがどの時点でつながるのかなぁ~、というのが、今気になるところなんです。

「目で文字を認識して、少し意味も意識しつつ文法規則も活用して読めるようになるスピード」と「耳で聞いたままに文字を(半ば形として認識しつつ)追いかけていくスピード」とが同じになるタイミング。
まだ、ここでは「意味」の比重は低いです。

学習者用のスピード、オウム返しには同じスピードで繰り返せる言葉達も、文字を見ながら一緒に声を出すとついていけなくなるんです。
それは、「目読み」がついていけないから。目で見て脳で処理するのを無意識にできるスピードまで落とし込めていないから。そして「納得しないと先へ進めない性格だから」かな?

例えば
”아칙 멀었어요.” と書かれているものを目で読むと「”あ・じk もる”・・・あ、kパッチムがmとくっつくとngになるから、”アジン もるお”・・・はパッチムのスライドで”もろ・・・っそよ”、か。」 というのが心の声。6,7秒はかかるでしょうか。

でも、ラジオでは普通に「アヂン モロッソヨ」と3拍ぐらいでサラっと流れていきます。

これを埋めるのは・・・ここからは全くの個人的考えなんだけど、多分2通りのタイプの人がいると思うんですよ。
一つは「聞いた音と文字の形をダイレクトに結びつけられるタイプ」で、もう一つは「自分で文法規則を納得させながら処理スピードをグンとあげて最終的についていけるタイプ」と。

まちがいなく私は後者なので、スピードの差を埋めるためには何度も繰り返しコツコツ練習するしかありません。
その練習は多分「音読」なんでしょうね。
5回、10回、30回。はたまた50回、100回・・・かな?
・・・理屈っぽいから多分相当に数を重ねるんだろう(笑)

もう少しして、文字を学び始める(書き取りを始める)頃から、数十回の音読もとりいれていこうと思います。


☆今日のサプリ☆

少女時代/MR. TAXI (Japanese Ver.)

credit:UNIVERSAL MUSIC JAPAN

友達がKARAを歌ったので、じゃあ私も・・・と、一度も聞いたことのない日本語versionにチャレンジし、出だしのテヨンちゃんパートから撃沈。。。 あ、勿論ハングルでもまだ歌えませんけど(苦笑)

K-POPの日本語版は正直歌詞が事故ってたり、音がやさしくなったりする(ある意味日本語の良いところだよね)ので、中毒性を持つダンサブルな音楽には合わないと思ってたんですよ・・・

で、改めて歌詞をチェックしながら聞きましたが、Geeとか、Genieの日本語版で「それはないでしょ・・・」な歌詞がたびたびあったことに比べると、かなり受け入れやすくなった気がします。
日本で先に出しただけのことはありますね^^

・・・ともあれ、次回までの宿題なので、頑張ります(笑)

みなさま、良い休暇を~♪
真贋 (講談社文庫)真贋 (講談社文庫)
(2011/07/15)
吉本 隆明

商品詳細を見る


今年3月に逝去された吉本隆明氏の本を初めて読んでみました。
2007年2月に刊行された本。

戦争と思想、人の成長における母親・母親代理人の役割の大切さ、ひととしての生き方など、さまざまな内容が様々な切り口で語られています。
文章は案外よみやすくて割合スイスイ行けるのだけれど、この「割合」が結構曲者で。
「あぁ、ここってどういう意味だろう」と考え始めると、自分の意見を求められているような、そんな気になりました。
テーマ:最近読んだ本
ジャンル:本・雑誌
4月も第4週になりました。皆さん、GWに向けてワクワクしながら準備されている頃でしょうか。

さて、3日坊主の私ですが、珍しくNHKラジオ「まいにちハングル講座」、続けています。。。おぉぉ。

・・・と言っても、1日1回、1週間分の音を流すだけなんですけどね。そしてまだ第3週分をやっていますが(笑)


まだ全般的に気持ちが動かないというか、アクセル踏み込めないところがあるので、
無理せず、一番低い敷居をまたぐように”Playボタンを押すだけ”で、ちょこっと踏み出しています。
「これを文字で表したい~」という気持ちがわきあがるのを待つ感じで。

そして学び方もいろいろあってもいいかな~なんて思ったりします。
ボリュームにもよると思うのですが、ひとつの方法として、「ある程度まとまった量をこなして、その中で弱いところを補強する」という学習スタイルもありかな、と。

例えば、自分は”외”や”의”が覚えにくいのですが(わぁ、初めてハングル入力してみました^^)、1日分の講座の中でその文字だけをとりだして繰り返して覚えようとしても、「記号」感が強くて頭に入ってこないんですね。
だけどいくつか会話を流したり、他の文字や単語と比較したりすることで、その文字の座標軸みたいなものがはっきりしてきて(品詞だとか文法上の役割だとかなんだろうけどあくまでもイメージで)、心の中に落ち着いていく感じがします。

だから今はゆるく、楽しく、と言う感じかな。



そして英語の方もなにかしないとなぁ、と思いつつ、やっぱりまだエンジンがかからないので、単語テストをボチボチ始めました。
ペンギン太郎さんがtwitterにのせて下さったサイトで、1セット25問あるんですが、大体2分ちょっとで終わります。
どんなに忙しくたって、2分くらいは作れますよね。それで間違えた単語だけ抜き出してリストを作って、でも覚えなくていいので(良いわけではないけど無理はしないので)、5分くらいで終わります。

Weblioの英検の語彙力測定テスト(5級から1級まで)のサイトはコチラ

英語は・・・次は何をやりたい気持ちがわいてくるのだろう。
それもちょっと楽しみにしながら。


☆今日のサプリ☆
4月19日のMカ(M Cowntdown)で、見事一位に輝いた神話。
彼らからのThank you messageがあがっていました。
字幕もないし全然わからないんだけど、とても嬉しかったので記念に。
そして最後のフレーズ、ラスタから一気にはやったと噂のミヌさんのひと言ですよね^^



この春夢中になったSHINEE、CN BLUEが次々グッバイステージでした。
そして神話ももうすぐworld tourです。
皆が元気に過ごせますように。
「読む」「書く」「考える」は5分でやりなさい!「読む」「書く」「考える」は5分でやりなさい!
(2012/03/16)
小宮一慶

商品詳細を見る


仕事のスキルアップに関する本は一時期熱心に読んだ後、すっかり遠ざかっていました。
まだまだ実務のエキスパートには程遠いのだけれど、また少しずつレベルアップしなければな・・・と言う時にたまたま見つけた本です。

タイトルの通り、効率よく読むには、読み方いろいろ、「考える」とはどういうことか、が、わかりやすく書かれています。
圧巻は「1時間早く会社に行きなさい」です。仕事の効率化は、家を出た時からもう始まっているのです。。。


技術的なこと(To Do Listを作る、優先順位を考える)は、既に実践していることでしたが、マインドを含めていくつかの視点は、私に何かを思い出させてくれました。

「いかに良質なアウトプットを出すか」
「読む力というのは理解する力のこと」
「関心をもつこと」

そして
「終わり」が来ることを意識して人生を力強く生きること。

私の部署は一人数タスクを回すことは普通で、それぞれの波が重なるときは、本当に1日が30時間あれば・・・と思うくらい。
なので、決して手抜きはしていないのですが、締切を勘案して「70点のアウトプット」でも良しとしてしまう自分がいます。
そして、その途中で、「これ、気になるけど掘り下げたら間に合わないな・・・」的に、関心ごと切り捨てて疾走していくことも。

前を見て走り続けるばかりでなく、時にはインターバルをとって、慣れた手法・常識と言う名の固定概念が古くなっていないか振り返ることも必要だなと思いました。

そう思わせてくれる本に出会えたことに感謝です。
テーマ:最近読んだ本
ジャンル:本・雑誌
今日も私的なつぶやき。


ようやく「失ったコト」への気持ちの整理がついてきたこの頃。

今の自分でいいのだと、ありのままを受け入れる覚悟がつきました。

今のままで幸せなのだと。



credit:sweetpotato4339

ヨンソカップルの 『パンマル(タメ口)ソング』 です^^
13日の金曜日。だけど私は13日生まれでもあり、好きな数字の一つです^^

今日は英語でも本でもK-POPでもなく、ごく私的なお話を。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。